仙台宮城でキャリア教育を手がけるNPOハーベスト/せんだい・みやぎオータムセミナーの公式ブログ 

このページの記事目次 (カテゴリー: 講師取材記事2013

total 5 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

9/11 宮城県古川黎明高等学校 教諭 玉田賢司さんインタビュー

   ↑  2013/09/24 (火)  カテゴリー: 講師取材記事2013
皆さんこんにちは!
ハーベストインターン生の垣崎真季です。

今回は、宮城県古川黎明高等学校教諭の玉田賢司先生に取材させて頂きました。

玉田先生は、高校で歴史を教えているほか、進路指導部で日々生徒の指導にあたっていらっしゃいます。「教師の仕事にかかわる雑務より、何よりも生徒と向き合う時間を最優先したい」と語っていました。

生徒に対しいつも熱い心を持っている玉田先生ですが、そこには中学校時代に経験した壮絶な出来事があったといいます。今回はその出来事について、また今の教師や大人の在り方に対する疑問を中心に聞かせて頂きました。

IMAG0354-2.jpg

Q1 中学時代、校内暴力全盛期だった中で生徒会長をしていたことについて、詳しく教えてください。

 通っていた中学校での校内暴力は、私たちの代の入学前から卒業後にかけてが一番ひどかったですね。一部の生徒が先生や他の生徒に暴力をふるったりして、授業が成り立たなかったり救急車が来たりっていうのはほぼ日常茶飯事でした。もっとひどいと他の中学校の生徒と喧嘩して新聞沙汰になったり、授業中にタバコやシンナーを吸う人もいました。こういう状況の中、多くの生徒はほとんど見て見ぬふりをしていました。もし暴力をふるう生徒に少しでも立ち向かおうとしたら、巻き込まれますからね。当然です。

 その中で私は、「俺がやる!」と会長に立候補したんです。そうじゃないとやり切れなかったんですよね。何と言うか、今もそうですが、納得いかないことに黙ってられないタイプだったんです。ともかく会長に当選。それからは日々闘いです。会長になったあとは、私に向けての不良グループの攻撃が多くなって。体育館裏に呼び出されて「ムカつくんだよ!」とか暴言吐かれたり、殴られたり、蹴られたりしましたね。1対多ではどうにもなりません。やり返したら倍返しでやられました。とにかくやられてもやられても耐えて睨み返すしかありませんでした。さすがに、苦しくて、しまいには「あいつら、全員死ねばいいのに!」って思いましたね。

 そんな彼らに対する憎さと悔しさを、その時生徒会顧問をしていた先生に話したんですが、そうしたら、「お前はまっすぐ歩いてきたから良いが、中には回り道をしないと分からない奴もいる。お前はこのまま、まっすぐに進んで、先でそいつらを待っていてやれ」って言われたんです。衝撃的でしたね。「教師って、そういう長いスパンで生徒を見てるんだ」って気づかされた。なんか、気持ちに余裕ができたように感じましたね。そして同時に、このことが「教師になりたい」と思うひとつのきっかけになったんです。

Q2 「ものわかりのいい先生になりたくない」と思うのはどうしてでしょうか。

 今の若い先生に多いなあと思うんですが、生徒の出した決断を簡単に認めてしまう傾向があると感じます。例えば、生徒の進路の相談で、生徒が「○○大学の△△学科を受けようと思います」と言った時に、今の先生は「そうなんだ。頑張って!」ってすぐ受け入れてしまうんですよね。確かに生徒のことを認めるのは大事ですが、それは生徒自身が考え抜いた答えであれば、ということです。自分で納得いくまで考えたり、試行錯誤を繰り返したりということが大切なんです。安易に認めてしまうのは、生徒が考えることを止めてしまうことになると思うし、分かったようなふりをして衝突を避け、楽をしているような感じがするんですよね。

 だから私は、もし生徒がさっきの例のように言ってきたとしたら、「本当にそれでいいのか?」と言うようにしています。この言葉は、生徒に考えさせるきっかけを与える言葉だと思います。子どもはよく考え、試行錯誤すべきです。そして、子どもが決断するに至るまで、どこまで考えさせるか。これは先生が負うべき責任だと思います。

Q3 将来、社会人として羽ばたいていく若者に一言、お願いします。

 「ものわかりのいい大人になるな!」
繰り返しますが、分かったふりをせずに、子どもに対してきちんと問い、よく考えさせるということです。子どもは自分で考えて試行錯誤することで成長する。それを止めないことです。

IMAG0348-2.jpg

今回の玉田先生のお話から、「生徒を尊重すること」というのは、生徒の決断をただ安易に受け入れるのではなく、生徒にきちんと考えさせたうえで受け入れることだということがわかりました。
このお話は、特に将来、学校教員になりたいと考えてる人にぜひ聞いてもらいたいと思います。
私も、思考を止める大人でなく、思考を促す大人になろうと思いました!
スポンサーサイト

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-1241.html

2013/09/24 | Comment (1) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

8/27 伊豆屋司法書士事務所 司法書士 瀬戸恵介さんインタビュー

   ↑  2013/09/24 (火)  カテゴリー: 講師取材記事2013
皆さん、こんにちは!
インターン生の勝井沙智です。

今回は同じくインターン生の菅野さんと一緒に
瀬戸さんのお仕事、インドに行った時のお話、趣味…などなど!
面白くて興味深いお話を沢山聞かせて頂きましたので紹介させていただきます。

瀬戸さんは石川県出身の方です。
高校卒業後1年間の浪人生活を経て、東北大学に入学しましたが、
工学部→教育学部と転部した後退学。
その後フリーター時代を経験し、司法書士となり、
現在では独立をされ伊豆屋司法書士事務所で勤められています。

瀬戸さんの学生生活をお聞きしたところ、
大学生になってから勉強が嫌いになってしまい
応援団とトライアスロン、それまたM-1グランプリに出場したりなど勉強以外の様々なことに取り組まれていました。

ブログ1

瀬戸さんは、キャリアセミナーでインドに行ったときのお話をされています。
是非、私もそのお話を聞いてみたい!と思い、お話を聞かせて頂きました。

司法書士として独立する前の一ヶ月間。
「非日常の生活に行ってみたい」という気持ちからインドへ旅立ちました。

インドに行って良かったことってありますか?とお聞きしたところ
「んー、ないですね!」
と笑顔で答える瀬戸さん。

「な、ない!?」と一瞬ガクリとする私と菅野さんでしたが、
インドで苦労したエピソードをお聞きしたところ、

城跡を見に行くために猛暑(45度以上!)の中、90分間バスに乗って、
挙句の果てにはiPhoneが熱中症になったり!

本場のインドのカレーが美味しくなかったり!

と、日本で生活していたら信じられないようなお話が聞けて
とても面白かったです(^-^)

インドに行ってよかったことはなかったとおっしゃる瀬戸さんですが、
旅の途中、まさかの仙台人に出会ったり、
インドの次に訪れたスリランカでは、財布を忘れていたことを教えてくれた親切なスリランカ人に出会った話など、心温まるエピソードも沢山お話して頂きました。

ブログ2

瀬戸さんの経歴を見ると、なんでこの人いきなり司法書士になったのだろう
と思いませんか?
瀬戸さんに聞いてみると
「僕のキャリアに繋がりなんてありませんよ!」
と、答えてくれましたが、司法書士になったきっかけを聞いてみると、

何か資格がほしくて本屋で資格についての本を探していたら
『司法書士 6カ月合格法』!みたいな本があって!
司法書士が6カ月でとれて、しかも将来性も星5つ!?やるしかない!

と思ったのがきっかけとおっしゃっていました。
(「結局司法書士に6カ月+4年かかったんだよね!」とのこと)

現在は、独立して、会社設立を支援するお仕事をなさっています。
未来に目を向けて、会社を設立しようと思っている方のお話を聞いた時に仕事のやりがいを感じるそうです。

瀬戸さんにインタビューをしていた際、
「なんとなく」という言葉がたくさん出てきました。

「これまで『なんとなく』生きてきて、ハズレが無かったんです」
と話す瀬戸さん。

司法書士になったのも最初はなんとなく。
インドに行ったのも最初はなんとなく。

最初の取り掛かりが「なんとなく」という気持ちで、
それから行動に移せることって凄いですよね。

なんとなく決めたことは自分に正直な気持ちで決めたこと。
M-1グランプリに出た時も、インドに行ったときも
その時に「やりたい!」と思った事をやっているから不満はない。

と、おっしゃっており、「なんとなく」という気持ちは
適当な意味ではなく、自分に対する素直な気持ちなんだと気づかされました。

自分に対して素直に生きるってなかなか難しいことだと思います。
でも、瀬戸さんのように、自分に素直に生きて行動する大人になりたいと思いました。

瀬戸さんから教えてもらったこの気持ちを忘れずに色んなことに
私も挑戦してみたいと思います。

瀬戸さん、お忙しい中、本当にありがとうございました!

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-1240.html

2013/09/24 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

9/6 株式会社イエムラ 代表取締役社長 家村 秀也さんインタビュー

   ↑  2013/09/19 (木)  カテゴリー: 講師取材記事2013

皆さんこんにちは。
ハーベストインターン生の垣崎真季です。

今回は、株式会社イエムラの代表取締役社長の家村秀也さんに取材をさせて頂きました。

家村さんの会社では、ステンレス製のドアや柱、手摺などを造っています。ここで造られた製品は、東北六県のいろいろな施設で使われているそうです。

家村さんは、学生時代にも社長をやっていたことがありました。
中学3年の時、家村さんは仲間6人と会社をつくることを思いつき、新聞作りや生写真の加工をし、休み時間には「どうすれば売れるか」などと作戦を立たてていたりしたそうです。

今回、家村さんには、社長になってからの考え方や、「なりたい自分」になることについてお話を聞かせて頂きました。
DSCN9246.jpg


Q1 中学の時に経験していた社長と、今自分が務めている社長は、どこが違うと思いますか。

 一番違うと思うのは、責任の重さだと思います。中学のときの会社は、遊びに近いものだったから、たとえ「今月は売れなかったなー」となっても、それで問題が起こることがなかったです。でも同じことが今の会社で起こったらそうはいかないです。社員や社員の家族を養えなくなってしまいます。そういう意味で社員を守る立場にあるので、今の社長の責任は本当に大きいです。
 でも、これは私に限らず社員みんなもそうだと思いますが、大変なことを乗り越えた後のやりがいをとても感じています。私たちはいろいろなステンレス製品を造って、それらは東北六県のあらゆる施設の一部に使われています。その事実を踏まえると、私たちはその施設の歴史に名を残しているということになるんです。誰かの記憶や歴史に私たちのことが存在しているというのは、とても喜ばしいことなんですよ。

Q2 学生が、自分のやりたい職業に就き、やりたい仕事をする為のポイントとは何でしょうか。

 今の学生の中でも、やりたい職業があるという人がいます。それは本当にいいことだと思います。でも、もっと大事なのは、「なぜその職業を選んだのか」、「その職業の中で何をしたいか」ですね。例えば、「車が好き」という理由だけで車の会社に就職したとします。大きい会社になればなるほど、その人にどの部署で仕事をさせるかは人事部が決めるから、車に携わることがない部署に入る可能性もあるんです。だから、「なぜ選んだか」「何をしたいか」を確かにするのが大事なんですよ。
 あとは、「まちがった方法でも努力を続ければ大丈夫」という固定観念を捨てることです。「努力しているかどうか」よりも「何を努力しているか」が問われます。例えば、テレビ局の面接試験の中で、「ここに入社するために何を頑張ったか」を問われて「面接の練習を頑張りました」と答えたら、テレビ局には入れないですよね。「今まで頑張ったこと」を入社後「どう活かしたいか」が見えていませんからね。

Q3 将来、社会人として羽ばたいていく若者に一言、お願いします。

「子どもの未来は大人がつくる、大人の未来は子どもがつくる」
子どもは今、大人にいろいろなことをしてもらっています。そして今度は、子どもが大人になったとき、おじいちゃんおばあちゃんになった大人に対していろいろなことをするようになりますよね。子どもの将来は大人が教えたことによって決まって、また大人の将来は、子どもが教えを受けてやってきたことによって決まるということなんです。つまりそれは、自分がしたことは巡り巡って自分にかえってくるということになるんですよ。そう考えると、良いことを他の人にしてあげれば、それはいつか自分にかえってくるということになりますよね。それが大事だと思います。

DSCN9236.jpg

インタビューの後、家村さんは工場の内部へ私たちを案内してくださいました。
様々な大きさの平たいステンレス板や、それを折り曲げるための大きな機械、完成したガラス窓の枠など、「このように出来ていくんだ」と驚かされました。

「今後も地球に何か形あるものを残したい」と語る家村さん。その言葉から感じ取れるようにとても熱心で、心の温かさを感じました。
家村さんのように、私も人の記憶に残るような事をしたいと思いました。

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-1237.html

2013/09/19 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

9/10 有限会社カフェクリエイト 代表取締役 八尋 豊さんインタビュー

   ↑  2013/09/18 (水)  カテゴリー: 講師取材記事2013
皆さんこんにちは!
ハーベストインターン生の垣崎真季です。

今回は、有限会社カフェクリエイトの代表取締役である八尋豊さんに取材をさせて頂きました。

八尋さんは、大学時代の飲食店でのアルバイトをきっかけに接客業に興味を持ち、25歳の時に「飲食業界で働く」と決断したそうです。そして28歳での独立を経て、現在はフランス料理「VERANDA」、折衷料理「土龍」、創作和食「KINGYOの庭」の3つの飲食店を経営されています。

大学入学当初は福祉の道に進もうかと考えていた八尋さんですが、福祉業界で有名な両親の力を借りずに自分の力で道を切り開きたいと思うようになったそうです。しかし、はっきりとした夢や就きたい職業があったわけではなかったため、就職活動にはあまり力を入れていませんでした。

それでも、学生時代から「社長になりたい」という漠然とした思いがあったことと、アルバイトを通して飲食店での接客が好きになったことがあった為に、複数の飲食店を経営するに至ったそうです。

今回は八尋さんに、「夢」や「目標」についてどのように考えるかを中心にお話を聞かせていただきました。

DSCN9279_201309181716535b8.jpg

Q1 八尋さんは、「夢」と「目標」について、それぞれどういうものだと考えますか。

まず、これは私の考えですが「夢は夢!」だと思います。私自身の今の夢は、「息子とキャッチボールをすること」です。既に2歳の息子はいるのですが、この夢は、まず男の子が生まれないと実現しませんよね。夢というのは、今言った夢のように途中に何か神様が関わるような部分があるんじゃないかと思うんですよね。
「目標」というのは、努力すればクリアできるものだと思います。「毎月5冊本を読む」とか「毎日早起きする」とか、そういう小さな目標から1つずつクリアしていけばその習慣がつきますし、小さなことからだんだん大きくして、それもクリアしていけば、達成感を感じるでしょうし成長につながります。

ただ実際、「夢」を学生時代からちゃんと持っている人ってごく少数なんですよね。未来は本当にどうなるのか誰も予想がつかないのに、今は「夢を持て!夢を持たないといけない!」なんて、「夢」が独り歩きしている状態で。だから「夢」がないことっていうのはダメなことではないんですよ。今は無くても、夢や目標をこれから見つけていけばいいと思います。

Q2 今後、もっとやっていきたいと思うことを教えてください。

まず、「県内で野菜を発信している外食といえばうちの会社だ!」ということを1~2年で広く発信できるようにしたいですね。
今、野菜の生産者とのつながりが多く、イベントで定期的にその生産者の方自身がお店で接客をする機会があります。料理が並んだ際に生産者が「この野菜は私が作ったものなんです」ということを伝えるのですが、その時に「あなたから野菜やお米を買いたい」と言われれば、生産者にとっては非常に嬉しいことだと思います。こういった意味のある6次産業化の機会をもっと増やしたいですね。

それと、目標は「100年続く会社を作る」です。100年後もちろん私はこの世にいませんが…。
小さいけれど現在会社を経営している上で、その会社が100年後も存在し、社会にどういった貢献ができるのか?社会に必要とされる会社のあり方とは?
私は子供が4人いるので特にそう感じるのですが、子ども連れで気兼ねなく安心して食事ができるレストランって意外とないんですよ。だから、子どもも両親も祖父母も一緒に楽しめるファミリー・レストランを作りたいですね。そこでは、子ども専用キッチンでケーキなどを作って、祖父母や両親にプレゼントしたりする。畑も併設してあり子供が野菜を育てている。そんな体験型レストイランを通して、自分が作ったものを食べてもらうことの喜びから、食育・卓育を学べるのではないかと思います。そして外食をすることは手抜きではない。お母さんが夜ご飯をつくる時間を子どもとの会話の時間にあてる。

家族連れにとって居心地のいい場所を作ることで、子どもを持つことに前向きになり、それが結果的に出生率を引き上げることに繋がればいいなと思うんです。これは「夢」かもしれませんが、日本の出生率が3人にまでなるといいなと思います。日本全体は無理でも、宮城だけでも実現したいですね。とにかくまずは具体的に1店舗カタチにする。そして地域に必要とされる、なければならない店になっていけばいいなと思います。

Q3 将来、社会人として羽ばたいていく若者に、一言お願いします。

「出会い」を「出会い」と感じられるかが大事だと思います。
自分が生まれてから今まで、出会った人たちのことを思い浮かべてみましょう。今の自分があるのは誰のおかげでしょうか?仲良くしてくれた人のことも、自分を嫌った人のことも、自分にとって意味のある人だと思えてますか?人生は人間関係による部分が大きいです。人とのご縁をもっともっと大事にしましょう。

DSCN9278_20130918171819483.jpg

このほか、八尋さんが飲食店を経営してきて、一番嬉しいと感じたエピソードや、高校から大学時代まで続けていたラグビーに関するお話なども聞かせて頂きました。
夢は今持てなくても、これからでも大丈夫であること、目標の積み重ねが成長につながることを改めて学びました。
八尋さんのように、私も小さなところから習慣づけていき、もっともっと成長していきたいと思います!

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-1236.html

2013/09/18 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

9/10 仙南芸術文化センター(えずこホール)所長 水戸雅彦さんインタビュー

   ↑  2013/09/18 (水)  カテゴリー: 講師取材記事2013
皆さんこんにちは!
ハーベストインターン生の垣崎真季です。

今回は、仙南芸術文化センター(えずこホール)の所長である水戸雅彦さんに取材させて頂きました。

水戸さんは、所長としてホールの運営をしているだけでなく、小・中学校や介護保険施設などでのアウトリーチ事業(地域社会への奉仕活動)やワークショップ事業、芸術を活用した震災復興事業の企画に携わるなど、非常に幅広いところで活躍されている方です。

これらの活動はすべて、地域の文化振興を通して、人と地域を活性化させる為であると水戸さんはおっしゃっていました。競い合って勝ち負けを決める競争社会でなく、お互いの価値観を認め合い活かしあう共生社会にしたい。その為に今、ホール内外で積極的に活動をしているとのことでした。

今回は水戸さんに、「人生はあなたが思い描いた通りになる」と考える理由を中心に、お話を聞かせて頂きました。

DSCN9271.jpg


Q1 「人生は自分がイメージしたとおりになる」と考えるのはどうしてでしょうか。

実はすべての人は、自分がイメージしたとおりの人生を歩んでいます。こうなりたいと思ってもそうなれないと思っている人は、「こうなりたいけど自分はなれないだろう」というイメージを持っていて、そのイメージが現実化しているんです。2つの法則をご紹介しましょう。
1つ目は、「鑑(かがみ)の法則」です。この法則を上手く言い表している言葉があります。「幸せな人は、たくさんの不幸の中から一つの幸せを見つけ、不幸な人は、たくさんの幸せの中からわざわざ一つの不幸を探し出す」です。世界にあるものはすべて、本当は「ただ存在している」だけであって、それを幸せと考えるか不幸と考えるかは、その人がそれに対してどんな感情・精神状態を投影するかで決まるんです。
 2つ目は、「引き寄せの法則」です。これは、「類は友を呼ぶ」に代表される法則です。例えば、自慢話や悪口、不平不満ばかりいう人は、見ていて嫌な人だと思いますよね。そういう人というのは、「あいつ気持ち悪い」などと発言することでネガティヴなヴァイブレーションを発していて、結果、それに近い人たちが周りに集まるということになるんです。だから、「こんな人になりたい!」と思うのであれば、まず自分がそういう人になればいいのです。例えば「よく笑う人になりたい」と思うなら、毎日、たとえ楽しくないとしても笑ってみることです。笑いには、周りの人も楽しい気分になるようなヴァイブレーションがありますから、周りには同じように笑う人が集まるようになるんですよ。

Q2 「未来は変えられない。過去は変えられる」と考えるのはどうしてでしょうか。

 まず、「過去」というのは既に終わったことを言いますよね。その「既に終わったこと」に対してこう考えることがありませんか。「あの時は本当に辛いとしか思えなかったけど、今となっては良い思い出だな」その当時から見た過去と、今の時点から見た過去で意味合いが違いますよね。こういった具合に、「辛かった時のことなんか思い出したくない」とずっと引きずるのではなく、その出来事に対する意味づけの仕方を変える。そういう意味で「過去は変えられる」と考えます。
 次に、「未来」はこれから自分の意志で選ぶものです。1つの道しか選べないのだから、選んだことしか見えなくなるんです。たとえダブルワークなどで2つ以上の仕事をすると決めていても、それは「ダブルワークをするんだ」という1つの道を選んでいるということになります。選ぶという意味で、「未来は変えられない」と考えます。

Q3 将来、社会人として羽ばたいていく若者に一言、お願いします。

「迷ったら楽しい方を選ぶ。大好きなことを本気でやる」
ここで大事なのは、仕事にするなら「得意なこと」でなく「大好きなこと」だというところです。例えば、会計士の資格を持っていて、大好きなことがそれとは別にある人がいたとします。もしその人が得意なこと(資格)を仕事に活かそうと考えたとすると、自分の能力に固執してしまうようになります。得意なことに打ち込めば打ち込むほど、その得意なことの視点ですべてを見るようになってしまうんですよ。だから、視野を広くもちながら、自分の大好きなことを通して、「この状況の中でどう生きるべきか」を考えるのが大切です。今就いている仕事の中に、自分が嫌だと思う部分があったとしても、「どうしたら楽しく出来るか」を考えてみる。そうするだけでも幸せに近づけると思いますよ。


DSCN9262.jpg


このほかにも、水戸さんは様々な文献から有名人の言葉を引用し、その意味を詳しく聞かせてくださいました。
芸術にも文学にも造詣のある水戸さんならではの、人の本質を突くような考え方をたくさん学ぶことができたと思います。
水戸さんがおっしゃっていたように、「こうなりたい!」と思うビジョンを持ち、あきらめずに行動に移していこうと思いました!

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-1235.html

2013/09/18 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。