仙台宮城でキャリア教育を手がけるNPOハーベスト/せんだい・みやぎオータムセミナーの公式ブログ 

【取材記事】仙台ゾウ・プロジェクト 長谷川嘉宏さん、米谷仁さん(11/6 取材)

   ↑  2012/11/08 (木)  カテゴリー: 講師取材記事2012
みなさん
こんにちは!ハーベスト事務局の阿部です。

本日は「仙台ゾウ・プロジェクト」の長谷川嘉宏さん、米谷仁さんにお話しを伺いました。

ASゾウプロさん


みなさん、「仙台ゾウ・プロジェクト」をご存知ですか?
子どもたちに、象をテレビゲームやインターネットではなく、しかも動物園でもなく、実際目の前で見て、触って、本物に触れる体験を子どもたちにしてもらおう、ということで象を呼んだ団体です。この企画を支えたボランティアスタッフ130名の主な参加理由は、なんと、おもしろそうだから! 「これはかなり重要なキーワードです」とお二人は強調していました。実際とてもおもしろかったし、イベント準備を通して仲間としての絆が深まったのです。
子どもたちが夢や希望を持てない時代にあって、まず大人である自分たちがワクワクして楽しんでいる、そんな背中を見せつけていくことが大事と考え、「明日を担う若者のハートに火をつける!」というコンセプトで今も様々な活動を楽しく行っています。
災害復興活動も地元の人達と一緒に楽しむ、が基本。あるとき地元の人から、「これが復興の姿だ!」と言ってもらえたことが、この活動の中で嬉しかったとおっしゃっていました。

さて、みなさんは自分自身が何者になりたいのか、自分自身のことを分かっていますか?中には、分からないまま決めるのはいやだ、ということで大学院に進む方、分からずに引きこもってしまう方、分からないけどとりあえず進んでみようという方もいるはずです。そんな中で自身のことを過小評価や、マイナス評価ばかりしてしまう人はいませんか?

違う角度からあなたを見たとき、輝いている部分はたくさんあります。そのような、自分自身の輝きに気づいてもらいたい、という思いから今回オータムセミナーに参加して下さいました。オータムセミナーの中で、楽しく活動している大人の姿を見てみませんか?

今回お話しを伺った長谷川さん、米谷さんも実は学生の頃は「これがやりたい!」というはっきりした思いは持っていなかったそうです。「これが好きだから、この方面に進んでみよう。」という思いで進学先などを決めていたそうです。長谷川さんは実は旅行会社で働きたかった、というお話も・・・
そんな中で、様々なことを経験し、自分に起こる現象を受け入れていく中で今の生き方と出会ったそうです。

「仙台ゾウ・プロジェクト」としてだけでなく1人の大人として、楽しく活動している方々のお話を聞いてみませんか?ここには書ききれない面白いお話しや、ためになるお話しがたくさん聞けます!就職活動が重苦しいと感じている皆さん!!皆さんが今持っている就職活動への考えが変わるかもしれませんよ!?ぜひ、楽しんでいる大人たちに会ってみてください(^0^)/
スポンサーサイト

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-1032.html

2012/11/08 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【取材記事】仙台ゾウ・プロジェクト 長谷川嘉宏さん、米谷仁さん(11/6 取材)

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback