仙台宮城でキャリア教育を手がけるNPOハーベスト/せんだい・みやぎオータムセミナーの公式ブログ 

【取材記事】えっぐ工房「殻」 菊地克三さん(10/31 取材)

   ↑  2012/11/13 (火)  カテゴリー: 講師取材記事2012
みなさん
こんにちは!ハーベスト事務局の阿部です。

本日はえっぐ工房「殻」代表の菊地克三さんのお話しを伺いました。

AS菊地様1


みなさん、「えっぐクラフト」をご存知ですか?卵の殻から、作られる様々なかわいらしい置物のことなんです!
今回、菊地さんを取材させていただいた場所は、菊地さんのアトリエでした!!
そこには多くの菊地さんの作品がありました。なんと、ここにあるのは一部で、
季節ごとのイベントに合わせて模様替えもするそうです。
(写真の後ろにあるのが菊地さんの作品です!)

そんな菊地さんが、「えっぐクラフト」を初めたのは中学生の時だそうです。中学2年生の冬休みの宿題で、
こけしを作り提出した所、作品展で金賞の紙を貼られ、それをお母様がオーバーに褒めてくださったそうです。
そこから、「えっぐクラフト」をつくりつづけて46年間!!最初はこけしだけだったものが、
試行錯誤を繰り返し、他にも作れるのではないか?と思い、
今では様々なジャンルの「えっぐクラフト」が作れるようになったとおっしゃっていました。
また、作り方にも菊地さんならではの工夫がされているんです。

「えっぐおじさんのたまごの学校」は、小学校やショッピングセンターなどで開催されています。
この「えっぐおじさん」という名前は近くの小学生がアトリエに遊びに来た時につけてくれた名前なんだそうです。
菊地さんは「卵」を通じて、物を大切にする心と、殻を壊さないように友達を大切にして欲しい、
とおっしゃっていました。

「今後の夢は、アトリエの近くに【卵ミュージアム】を作ることです。」と菊地さんはおっしゃっていました。
そこには、卵に関するものを展示し、また、ぬくもりがいっぱい伝わるように、
小学生や作品を見てくださった方から頂いた、色紙や寄せ書きなどの「ありがとう」の部屋を作りたい、
とお話しして頂きました。

好きなことを見つけ、それを今まで続けてきた菊地さんのお話しを聞いてみませんか?
菊地さんのお話を聞き、皆さんにも長く続けていける何かを見つけるきっかけになるかもしれませんよ♪
ご参加お待ちしています!!
スポンサーサイト

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-1052.html

2012/11/13 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【取材記事】えっぐ工房「殻」 菊地克三さん(10/31 取材)

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback