仙台宮城でキャリア教育を手がけるNPOハーベスト/せんだい・みやぎオータムセミナーの公式ブログ 

【取材記事】公的機関 西條高司さん(10/28 取材)

   ↑  2012/11/13 (火)  カテゴリー: 講師取材記事2012
みなさん
こんにちは!ハーベスト事務局の阿部です。
本日は西條高司さんにお話しを伺いました。

AS西條さん


西條さんは、元エンジニアの方で、漁船やタンカーなどに装備される航海計器ジャイロコンパスの設計の
仕事に関わってきました。
ジャイロコンパスは高速回転させたコマの回転トルクから、地球の重力と旋転を利用して 真方位を検出し、
船首方位を表示します。ジャイロコンパスは、漁船、大型タンカーから護衛艦まで各種船舶に搭載され、
要求精度も様々ですので、全て船ごとにオーダーメイドで製造されるそうです。

そんな部品の製造にかかわっていた西條さんは、実は小さいとき船の設計をする仕事をしたかったと
おっしゃっていました。生まれ育った場所の目の前には、造船所があり、
小さい頃から船ができていく過程を見ていたので作り方を覚えていたそうです!!
日夜力強く働く工員さんの姿を見て、「造船所は男の世界!恰好好いな」と憧れました!
とお話しして下さいました。

その後、エンジニアとなりジャイロコンパスの設計に携わっていました。若い時の失敗談は、
或る時まちがって設計した部品を現場のリーダーがそのまま作って持ってきてくれたことがあるそうです。
あの時は、数値の大切さを身に染みて痛感しました、とおっしゃっていました。
設計の仕事は、最初単純な部品の設計からでしたが 次第にシステム設計を任されるまでになったそうです。
仕事の達成感を伺ったところ、造船所を訪問した際、不安の中、
船主さんから「ジャイロ調子良いよ」と言われた時だと、お話し下さいました。

オータムセミナーでは、人とのきずなの大切さ、社会に出ても1人では生きていけない、
今勉強していることが将来どのように役立つのか、ということを伝えたいと思い、参加して下さいます。
西條さん自身も、長く現役の仕事をしていきたいということで、今も資格取得に向けて活動しています。
そんな、元エンジニアの西條さんのお話しを聞いてみませんか?ご参加お待ちしています!!
スポンサーサイト

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-1053.html

2012/11/13 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【取材記事】公的機関 西條高司さん(10/28 取材)

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback