仙台宮城でキャリア教育を手がけるNPOハーベスト/せんだい・みやぎオータムセミナーの公式ブログ 

【取材記事】東北学院大学教養学部地域構想学科 佐藤直樹さん(11/7 取材)

   ↑  2012/11/19 (月)  カテゴリー: 講師取材記事2012
みなさん
こんにちは!ハーベスト事務局の阿部です。

本日お話しを伺ったのは佐藤直樹さんです。

AS佐藤様


佐藤さんは、私たちハーベストのラジオ番組『ハーベストタウン』の代表をしています。
また、現在は光のページェントの学生部会にも参加しているそうです。

そんなアクティブな佐藤さんがどのようなきっかけで今のような活動をするようになったのか、を伺いました。
大学1年生の頃は寮生活で寮生活自体は楽しかったのですが、門限などもありなかなか外に出て活動することが出来なかったそうです。その中で、友人の一人が外に出て活動をしている話を聞く中で、自分も何か活動をしてみたい、と強く思うようになりました。
大学2年生の時、授業の中で1つ上の先輩が「ハーベストタウン」についての告知をして、それを聞いた佐藤さんは「これだ!!」と思い参加したそうです。

この活動の中で、知っている人や人とのつながりが増えたことが嬉しかったそうです。また、大人と関われる学生団体がなかなかなく、多くの方から学ぶことも多かったとおっしゃっていました。

そんな中で、幼稚園から大学まで一緒の後輩から、「大学生活があまり楽しくない・・・」と告げられ、前から興味を持っていた光のページェントの学生部会に誘い、参加しました。その学生部会で、多くの方と出会い、中には大学4年生の方もいたそうです。そこで、きっかけは誰にでもいつでもあり得る、そして学年や年齢は関係ないんだ、と実感したそうです。

今回のオータムセミナーでは、学生団体というのは、みなさんが思っている以上にあり、知らなかった人にも興味を持って動いてもらいたい、という思いからご参加くださいました。これから、大学生になる方も、今大学生の方も、4年間という大学生活をどのように過ごすのか、佐藤さんと一緒に考えてみませんか?はっきりとした正解がない大学生活だからこそ、佐藤さんの話を聞いてみて学生団体の面白みに気づくかもしれませんよ。
ぜひ、ご参加ください!
スポンサーサイト

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-1089.html

2012/11/19 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【取材記事】東北学院大学教養学部地域構想学科 佐藤直樹さん(11/7 取材)

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback