仙台宮城でキャリア教育を手がけるNPOハーベスト/せんだい・みやぎオータムセミナーの公式ブログ 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

2月14日 登米市立新田中学校キャリアセミナー

   ↑  2013/03/01 (金)  カテゴリー: キャリアセミナー
みなさん、こんにちは!

少しずつ春に近付いているのを感じるこの頃。
いかがお過ごしでしょうか?
事務局長の武藤です。

まだ雪の残る2月14日(木)、登米市立新田中学校でキャリアセミナーを実施しました。
講師の皆様、お忙しい中ありがとうございました!

この日はキャリアセミナーでは初となる、小学6年生の講座見学がありました。といいますのも、こちらの学校は同じ敷地に小学校と中学校が建ち、連絡通路で自由に行き来できるようになっています。
この環境を活かし、小中の交流活動が自然な形で行われていて、小学校の高学年生が中学校の行事に参加することもよくあり、その一環として6年生が講座を見学することとなりました。

今回対象となる生徒は中学1年生31名です。
開会行事があり、見学の小学6年生も含め生徒全員による「よろしくお願いします!」の元気な挨拶でキャリアセミナーがスタートしました。

IMG_5768.jpg
IMG_5769.jpg
IMG_5793.jpg
IMG_5811.jpg
IMG_5857.jpg
IMG_5878.jpg


講座終了後、意見交換会での講師の方の感想です。

「仕事を続けるうえで心に秘めているものは何ですか?との質問がでたので、『好奇心』と答えました。」
「集中して聞いてくれました。
恥ずかしいのか質問は出ませんでしたが、予め質問に答えるレジュメだったからかもしれない。無理に質問はせず共感しながら話しました。
女子だけかと思ったら男子の受講生もいました。女性だけの仕事ではないので男性の保育士もこれから増えてほしいと思います。
仕事の好きな理由を聞かれました。子どもの笑顔に励まされていることを話すことができました。
生徒の職業選択に役立てば良いです。」

「仕事のやりがいについて質問がありました。小学生からの質問だったので驚きました。。
人前で話すときの注意点や緊張しないように話すにはどうしたら良いか?という質問もありました。
こちらが話をしているだけだと生徒の緊張がほぐれないと思い、話し方やかつぜつの練習をしたのが良かったようです。」

「最初の自己紹介のときは緊張していましたが、作品作りの体験をしたあとは、緊張がほぐれてふれ合いやすくなりました。
色々な質問が沢山出ました。質問形式で話す感じが良かったようです。
物をつくって人に見てもらって感じる喜びについて話せました。質問形式で進めたからこそだと思います」

南極に行けますか?という質問もあったそうです。生徒の興味関心は大人の想像を越えますね。


IMG_5945.jpg
校長先生からは
「たとえば1ヶ月、半年、1年後に今日聞いたフレーズや言葉を思い起こすたびに理解が深まっていくと思います。
本当の言葉は魂と同化していくもの、子どもたちの心にずっと残り昇華していくものです。
今後の子どもたちに期待したいと思います。」

IMG_5946.jpg
教頭先生からは
「先生方の話に生徒が吸い込まれているのがわかりました。
仕事をしている人が本気で話をしてくれていることを子どもたちが感じてくれているからだと思います。
あとは私たちが今日のことをどう普段に活かしていくかが大事です。」

IMG_5940.jpg
1学年主任(佐藤先生)
「生徒達は満ち足りた、胸が一杯の表情をしていました。あとで話を聞くのが楽しみです。
1年次は人生設計のお話、大学受験の話ばかりで職業についてはまだ分かっていない子も多いので、間近でしかも少人数で話を聞けたのは、良い経験になったと思います。
講師の皆さんと同じように社会人として、今後活躍してもらえればと思います。ありがとうございました。」

IMG_5943.jpg
「実物に勝る資料はない!やりがいとは、お金だけではないんだと感じたと思います。
今日の話が子どもたちの心に沁みればいいと思っています。」


閉会行事では生徒代表の感想発表がありました。

「今日は来てくださってありがとうございます。
紺野さんはわかりやすく説明してくれました。僕も人の役に立つ仕事がしたいと思いました。
後藤さんは苦しくてもやり続けるという言葉が印象に残りました。僕はいつも途中でやめてしまうので、これからは苦しいことがあっても続けていこうと思いました。
今日のことを踏まえて今後の将来について考えたいです。」


講座終了後に生徒の口から直接感想を聞ける貴重な機会となりました。
スポンサーサイト

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-1153.html

2013/03/01 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 2月14日 登米市立新田中学校キャリアセミナー

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。