仙台宮城でキャリア教育を手がけるNPOハーベスト/せんだい・みやぎオータムセミナーの公式ブログ 

7月19日(金)宮城県泉松陵高等学校キャリアセミナーレポート

   ↑  2013/08/01 (木)  カテゴリー: キャリアセミナー
みなさま、こんにちは。
事務局 超新人の黒沼です。


本日、初めてブログアップさせていただきます!
ご参加のみなさまの熱い思いをそのまんまお伝えしていきますねー(^o^)丿


手始めは・・・
7月19日(金)宮城県泉松陵高校にて開催しました。
キャリアセミナーのレポートです!


受講生は2年生 計274名。
23名の元気な若き大学生講師の皆様にご協力を頂きました!


○事前レクチャーでは、小岩先生、小林先生、阿部先生より
 「先輩方の体験を思う存分伝えていただくことで、
 眠れる生徒の心に火を灯し、自らの将来を考えるきっかけに
 なってほしい!」

 との熱いメッセージをいただきました。




○さっそく、爽やかな風が吹き抜ける丘の上の学び舎で、
   颯爽と先輩講師のみなさまが各教室に移動いただき
       50分×2コマの講座、熱く熱くスタートーーー!!。

~*~講座風景~*~

泉松陵20130719
泉松陵20130719
泉松陵20130719
泉松陵20130719
泉松陵20130719
泉松陵20130719
泉松陵20130719
泉松陵20130719
泉松陵20130719
泉松陵20130719
泉松陵20130719
泉松陵20130719
泉松陵20130719
泉松陵20130719
泉松陵20130719
泉松陵20130719
泉松陵20130719
泉松陵20130719
泉松陵20130719





○終了後、阿部先生より講師のみなさまへ
 とっても貴重なお話ありましたねー!!

泉松陵20130719


「プレゼンテーションて難しいでしょ。
 生徒達にも話してることですが、みなさんもこれから就職活動で面接受けるでしょ。
 その後、実社会に入りクライアントと話をする。
 その時に一方通行の面接で終わるのか、双方向の面談になるのか
 この差は非常に大きいんです。
 
 今日のキャリアセミナーでも、一方通行になっている人と、
 逆にちょっとした生徒の反応を双方向のコミュニケーションに
 切り替える人もいましたが、この切り替えが社会人にとって大事なことなんです。
 双方向にならないとクライアントの契約はとれない。

 この点でプレゼンは重要です。プレゼンでも相手の反応を見ながら次の話を考える
 そこで相手に合わせた言い回しや、アドリブを利かせる。そういうの瞬発力が利くって
 言うんですが、そんな社会人になっていただきたいですね。

 各自がもってる目標や夢を追いかけて、ひとまわり成長して、来年もここに
 参加してほしいなと思います。」


阿部先生、熱いです!
松陵の丘に颯爽と響きわたる先生の愛のメッセージ
来年に期待しましょうー(*^^)v



○今回の意見交換会は、帰りのバスなか”スペシャル・バージョン!”

そこからいくつか感想を・・・

 「初めての参加だったので、どういう風に話していいか戸惑ったけど、
  最後に生徒さんが「ありがとう」と言ってくれて、とても嬉しかった ☆彡」


 「事前レクでは、先生より生徒の反応があまり良くないんだよねーと言われていたが、
  実際に話してみたら質問責めでした ^_^;

 
 「生徒達の無言の圧力にやられた感じで、ちょっとビビった・・(/_;)。
  でも、しっかり話を聞いてくれる子がいて参加して良かったです。」


本日はみなさんいろいろな気づきがあったかと思います。


キャリアセミナーへご参加いただきました講師の皆様、
本当にありがとうございました。
今後とも、よろしくお願い致します!!
スポンサーサイト

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-1208.html

2013/08/01 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 7月19日(金)宮城県泉松陵高等学校キャリアセミナーレポート

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback