仙台宮城でキャリア教育を手がけるNPOハーベスト/せんだい・みやぎオータムセミナーの公式ブログ 

8/15 有限会社イッセイ 加藤 稔さんインタビュー

   ↑  2013/09/09 (月)  カテゴリー: 講師取材記事2013
いつもブログをご覧頂いているみなさん、こんにちは!
ハーベストインターン生の熊頭(クマズ)美智子です。
今回は有限会社イッセイ代表取締役の加藤 稔さんに取材させていただきました。

●加藤 稔さんのプロフィール●
・有限会社イッセイ、有限会社グループホームしらさぎ苑の代表取締役。
・平成6年、石巻に美容室イッセイをオープン。
・平成18年、有限会社イッセイへと法人化。その後、福祉介護事業部を立ち上げる。

P1080194.jpg

インタビューの中で印象的だったのは、「頑張りすぎることはよくない」とおっしゃっていたことです。
毎日120%の頑張りを続けていると、好きで始めた仕事だとしても長続きしなくなるものです。しかし、105%の力でその日やるべきことにのみ目を向け、仕事を着実にこなしていけば、長続きします。そのため、加藤さんは頑張りすぎる人は採用しないそうです。頑張りすぎる人は持続しないと分かっているからです。会社でもスタッフに残業はさせない方針を採っているため、今現在50人くらいいらっしゃるスタッフは一人も辞めていません。

また、加藤さんは、『「はい」の実践』をしてきた方です。
平成16年に知り合いの方から「老人ホームやらない?」と電話がかかってきた時も、「はい」と答え、平成22年に2件目の老人ホームのお話があった時も「はい」と答え、始められたそうです。
「はい」と言うことによって、目の前のチャンスを逃さずに受けいれてこられました。しかし、「はい」と言うだけでなく、やると決めたことを叶えるためにはどうしたらいいかを考え、実践し続けてきたからこそ、全く違う業種の会社を二つも経営するという、普通では考えもつかないような道を今現在歩んでいらっしゃるのだと思います。私には真似できないな、と感じました。

そんな加藤さんに、いくつか質問をして来ました。

P1080185.jpg

1.どうして美容師になろうと思ったのですか?

 父の言葉がきっかけです。中学2年生のある日、「美容師が良いんじゃないか?はさみ1本で3,000円儲かるらしいよ」と言われ、即座に「はい」と答えてしまいました。
 そうしたのは、当時いじめを受けていたために、どんな要求に対しても「はい」と言うのが習慣になっていたからなんです。要求に背いたり、無視したりすると、痛い目に合わされましたからね。今でも、どんなことに対しても「はい」と答えるのは、そういうことがあったからなんです。
 それで、父に言われた当初は、美容に関する知識は持ち合わせてなかったので、後に東京の美容専門学校に通って勉強するに至りました。

2.美容室を開業し、「出張理容サービス」を導入しようとしたのはなぜでしょうか?

 美容室は、皆さんがよく見る、お店と家が一体化したようなところと同じシステムを利用して開業しました。店舗付き家屋が住宅ローンで組めるというのが利点です。初めはそういう小さなところからやって、そこから状況に応じて散髪台やシャンプー台などの数を増やしたりしました。
 最初は一般的なやり方と同じように、経営を安定させるために店舗数を拡大していったんです。ところが、そうしていくうちにすべての店舗へ目が行き届かなくなるなどの問題が起きるようになってしまいました。他の方法で経営を安定させることは出来ないかと考えたときに、思いついたのが「出張理容サービス」なんです。美容室は年中忙しいということはないので、空いている時間に訪問してカットするのはどうだろうかと考えました。その結果、時間を有効に使い、安定した経営ができるようになりました。
 ここで分かったのは、他の皆と同じ方法で壁を越えられなかったら、違う方法を選ぶのもありだということですね。そうすることで壁を越えられるようになるだけでなく、余計な労力を減らせるという利点もあると思いました。

3.将来社会人として羽ばたいていく若者たちへ、一言お願いします。

 「まだ夢や目標が見つからなくても、みな『好きなこと』はそれぞれあるはず。それをまずやってみよう」ですかね。
 何かやりたいことがあったら、それをすぐ実行しましょう。例えば、「ラーメン食べたい」と思ったら食べればいいのに、そこで別のものを食べたり、食べないでしまったりすると、「あの時食べておけば良かった」と後悔することになると思います。それと同じように、やりたいことを、やりたい時にやらないとあとになってから後悔します。

P1080180.jpg

今回の加藤さんのインタビューでは、好きなことを一生懸命にやっていくこと、そして頑張りすぎないことを教えていただきました。
特に、好きなことを一生懸命にやるという点では、「好きこそものの上手なれ」とよく言われるように、好きなことを大事にしていけば疲れも感じないし、好きだからこそ継続し、その道のプロフェッショナルになっていくのだと改めて感じました。
スポンサーサイト

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-1220.html

2013/09/09 | Comment (1) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment


ありがとうございました

加藤稔さん、ありがとうございました!!

ハーベスト小角 |  2013/09/10 (火) 09:08 No.40

コメントを投稿する 記事: 8/15 有限会社イッセイ 加藤 稔さんインタビュー

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback