仙台宮城でキャリア教育を手がけるNPOハーベスト/せんだい・みやぎオータムセミナーの公式ブログ 

8/28 株式会社セント 小岩昇平さんインタビュー

   ↑  2013/09/11 (水)  カテゴリー: 講師取材記事2013
皆さんこんにちは。
ハーベストインターン生の垣崎真季です。

今回は、株式会社セントの第三営業部長である小岩昇平さんに取材させていただきました。

小岩さんは、営業業界で活躍する傍ら、趣味で東北弁の落語の活動も行っています。
非常に話が面白く分かりやすい、笑顔の絶えないポジティヴな方という印象でした。
そんな小岩さんに、100点満点でなくても、65点でHappy!になる方法とは何かを中心に、お話を伺いました。

DSCN9085.jpg

Q1 営業のお仕事がしたいと思うようになったのはどうしてでしょうか。

最初は、中学3年の時の担任で理科を担当していた先生の影響で、理科の教師になることを考えていました。そのために大学に進学したのですが、勉強していくうちに考えが変わり、自分は化学薬品や器具と向き合う仕事ではなく、人と向き合う仕事がしたい、ということに気付きました。
営業の仕事というのは、多くの方との出会いの中で、与えられた目標に対して「どのようにすればその目標を満たせるか」を考え、計画して行動する。そこが営業の仕事の魅力であり、そして自分の人生設計にも役立つと考えています。

Q2 小岩さんがよくおっしゃっている、「コ・ト・コ 2/3」の言葉の意味は何でしょうか。

これは、相手や自分自身、人生の中のさまざまな出来事において、「3つのうち2つ、いいコト、いいトコがあれば、それでOK!」という考え方です。
この世の中、良いところしかない完璧な人、いわば「100点満点」の人はいません。逆に悪いところしかない「0点」の人もいません。その人の良いところを見つけることが大事だと思います。ちなみに、過去のセミナーで「65点でもHappy!」というのを言っていましたが、65パーセントは分数に換算するとだいたい2/3になりますよね。これも「コ・ト・コ 2/3」の意味につながります。
こういうように、「3つのうち2つ良かったらOK!」と思うことで、少しでも幸せに、自分の夢に近づけるのではないかと考えます。

Q3 将来、社会人として羽ばたいていく若者へ一言、お願いします。

多くの人と出会って学び、自分をどんどん良い方向へ変化させていきましょう。その人が持つ価値観に触れて、自分を磨き、自分を変化させていくことが大事だと思います。
それから、何かをやるかやらないかで迷ったら、すぐやってみましょう。やらずに後悔するよりもやって後悔するほうが、後悔の重さが軽いし、それを引きずりません。迷ったら即実行。それが大切です。

DSCN9089.jpg

自分が営業のお仕事をする中で一番嬉しかったのは、顧客から「同じような製品はほかにあっても、私は、あなたから買いたい」と言われたこと。
自分を認めてくれる人を大切にし、そして相手のいいところを見つけていこうというポジティヴな考えをもつ小岩さんを、私も見習おうと思いました。
スポンサーサイト

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-1223.html

2013/09/11 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 8/28 株式会社セント 小岩昇平さんインタビュー

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback