仙台宮城でキャリア教育を手がけるNPOハーベスト/せんだい・みやぎオータムセミナーの公式ブログ 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

9/10 仙南芸術文化センター(えずこホール)所長 水戸雅彦さんインタビュー

   ↑  2013/09/18 (水)  カテゴリー: 講師取材記事2013
皆さんこんにちは!
ハーベストインターン生の垣崎真季です。

今回は、仙南芸術文化センター(えずこホール)の所長である水戸雅彦さんに取材させて頂きました。

水戸さんは、所長としてホールの運営をしているだけでなく、小・中学校や介護保険施設などでのアウトリーチ事業(地域社会への奉仕活動)やワークショップ事業、芸術を活用した震災復興事業の企画に携わるなど、非常に幅広いところで活躍されている方です。

これらの活動はすべて、地域の文化振興を通して、人と地域を活性化させる為であると水戸さんはおっしゃっていました。競い合って勝ち負けを決める競争社会でなく、お互いの価値観を認め合い活かしあう共生社会にしたい。その為に今、ホール内外で積極的に活動をしているとのことでした。

今回は水戸さんに、「人生はあなたが思い描いた通りになる」と考える理由を中心に、お話を聞かせて頂きました。

DSCN9271.jpg


Q1 「人生は自分がイメージしたとおりになる」と考えるのはどうしてでしょうか。

実はすべての人は、自分がイメージしたとおりの人生を歩んでいます。こうなりたいと思ってもそうなれないと思っている人は、「こうなりたいけど自分はなれないだろう」というイメージを持っていて、そのイメージが現実化しているんです。2つの法則をご紹介しましょう。
1つ目は、「鑑(かがみ)の法則」です。この法則を上手く言い表している言葉があります。「幸せな人は、たくさんの不幸の中から一つの幸せを見つけ、不幸な人は、たくさんの幸せの中からわざわざ一つの不幸を探し出す」です。世界にあるものはすべて、本当は「ただ存在している」だけであって、それを幸せと考えるか不幸と考えるかは、その人がそれに対してどんな感情・精神状態を投影するかで決まるんです。
 2つ目は、「引き寄せの法則」です。これは、「類は友を呼ぶ」に代表される法則です。例えば、自慢話や悪口、不平不満ばかりいう人は、見ていて嫌な人だと思いますよね。そういう人というのは、「あいつ気持ち悪い」などと発言することでネガティヴなヴァイブレーションを発していて、結果、それに近い人たちが周りに集まるということになるんです。だから、「こんな人になりたい!」と思うのであれば、まず自分がそういう人になればいいのです。例えば「よく笑う人になりたい」と思うなら、毎日、たとえ楽しくないとしても笑ってみることです。笑いには、周りの人も楽しい気分になるようなヴァイブレーションがありますから、周りには同じように笑う人が集まるようになるんですよ。

Q2 「未来は変えられない。過去は変えられる」と考えるのはどうしてでしょうか。

 まず、「過去」というのは既に終わったことを言いますよね。その「既に終わったこと」に対してこう考えることがありませんか。「あの時は本当に辛いとしか思えなかったけど、今となっては良い思い出だな」その当時から見た過去と、今の時点から見た過去で意味合いが違いますよね。こういった具合に、「辛かった時のことなんか思い出したくない」とずっと引きずるのではなく、その出来事に対する意味づけの仕方を変える。そういう意味で「過去は変えられる」と考えます。
 次に、「未来」はこれから自分の意志で選ぶものです。1つの道しか選べないのだから、選んだことしか見えなくなるんです。たとえダブルワークなどで2つ以上の仕事をすると決めていても、それは「ダブルワークをするんだ」という1つの道を選んでいるということになります。選ぶという意味で、「未来は変えられない」と考えます。

Q3 将来、社会人として羽ばたいていく若者に一言、お願いします。

「迷ったら楽しい方を選ぶ。大好きなことを本気でやる」
ここで大事なのは、仕事にするなら「得意なこと」でなく「大好きなこと」だというところです。例えば、会計士の資格を持っていて、大好きなことがそれとは別にある人がいたとします。もしその人が得意なこと(資格)を仕事に活かそうと考えたとすると、自分の能力に固執してしまうようになります。得意なことに打ち込めば打ち込むほど、その得意なことの視点ですべてを見るようになってしまうんですよ。だから、視野を広くもちながら、自分の大好きなことを通して、「この状況の中でどう生きるべきか」を考えるのが大切です。今就いている仕事の中に、自分が嫌だと思う部分があったとしても、「どうしたら楽しく出来るか」を考えてみる。そうするだけでも幸せに近づけると思いますよ。


DSCN9262.jpg


このほかにも、水戸さんは様々な文献から有名人の言葉を引用し、その意味を詳しく聞かせてくださいました。
芸術にも文学にも造詣のある水戸さんならではの、人の本質を突くような考え方をたくさん学ぶことができたと思います。
水戸さんがおっしゃっていたように、「こうなりたい!」と思うビジョンを持ち、あきらめずに行動に移していこうと思いました!
スポンサーサイト

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-1235.html

2013/09/18 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 9/10 仙南芸術文化センター(えずこホール)所長 水戸雅彦さんインタビュー

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。