仙台宮城でキャリア教育を手がけるNPOハーベスト/せんだい・みやぎオータムセミナーの公式ブログ 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

9/6 株式会社イエムラ 代表取締役社長 家村 秀也さんインタビュー

   ↑  2013/09/19 (木)  カテゴリー: 講師取材記事2013

皆さんこんにちは。
ハーベストインターン生の垣崎真季です。

今回は、株式会社イエムラの代表取締役社長の家村秀也さんに取材をさせて頂きました。

家村さんの会社では、ステンレス製のドアや柱、手摺などを造っています。ここで造られた製品は、東北六県のいろいろな施設で使われているそうです。

家村さんは、学生時代にも社長をやっていたことがありました。
中学3年の時、家村さんは仲間6人と会社をつくることを思いつき、新聞作りや生写真の加工をし、休み時間には「どうすれば売れるか」などと作戦を立たてていたりしたそうです。

今回、家村さんには、社長になってからの考え方や、「なりたい自分」になることについてお話を聞かせて頂きました。
DSCN9246.jpg


Q1 中学の時に経験していた社長と、今自分が務めている社長は、どこが違うと思いますか。

 一番違うと思うのは、責任の重さだと思います。中学のときの会社は、遊びに近いものだったから、たとえ「今月は売れなかったなー」となっても、それで問題が起こることがなかったです。でも同じことが今の会社で起こったらそうはいかないです。社員や社員の家族を養えなくなってしまいます。そういう意味で社員を守る立場にあるので、今の社長の責任は本当に大きいです。
 でも、これは私に限らず社員みんなもそうだと思いますが、大変なことを乗り越えた後のやりがいをとても感じています。私たちはいろいろなステンレス製品を造って、それらは東北六県のあらゆる施設の一部に使われています。その事実を踏まえると、私たちはその施設の歴史に名を残しているということになるんです。誰かの記憶や歴史に私たちのことが存在しているというのは、とても喜ばしいことなんですよ。

Q2 学生が、自分のやりたい職業に就き、やりたい仕事をする為のポイントとは何でしょうか。

 今の学生の中でも、やりたい職業があるという人がいます。それは本当にいいことだと思います。でも、もっと大事なのは、「なぜその職業を選んだのか」、「その職業の中で何をしたいか」ですね。例えば、「車が好き」という理由だけで車の会社に就職したとします。大きい会社になればなるほど、その人にどの部署で仕事をさせるかは人事部が決めるから、車に携わることがない部署に入る可能性もあるんです。だから、「なぜ選んだか」「何をしたいか」を確かにするのが大事なんですよ。
 あとは、「まちがった方法でも努力を続ければ大丈夫」という固定観念を捨てることです。「努力しているかどうか」よりも「何を努力しているか」が問われます。例えば、テレビ局の面接試験の中で、「ここに入社するために何を頑張ったか」を問われて「面接の練習を頑張りました」と答えたら、テレビ局には入れないですよね。「今まで頑張ったこと」を入社後「どう活かしたいか」が見えていませんからね。

Q3 将来、社会人として羽ばたいていく若者に一言、お願いします。

「子どもの未来は大人がつくる、大人の未来は子どもがつくる」
子どもは今、大人にいろいろなことをしてもらっています。そして今度は、子どもが大人になったとき、おじいちゃんおばあちゃんになった大人に対していろいろなことをするようになりますよね。子どもの将来は大人が教えたことによって決まって、また大人の将来は、子どもが教えを受けてやってきたことによって決まるということなんです。つまりそれは、自分がしたことは巡り巡って自分にかえってくるということになるんですよ。そう考えると、良いことを他の人にしてあげれば、それはいつか自分にかえってくるということになりますよね。それが大事だと思います。

DSCN9236.jpg

インタビューの後、家村さんは工場の内部へ私たちを案内してくださいました。
様々な大きさの平たいステンレス板や、それを折り曲げるための大きな機械、完成したガラス窓の枠など、「このように出来ていくんだ」と驚かされました。

「今後も地球に何か形あるものを残したい」と語る家村さん。その言葉から感じ取れるようにとても熱心で、心の温かさを感じました。
家村さんのように、私も人の記憶に残るような事をしたいと思いました。
スポンサーサイト

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-1237.html

2013/09/19 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 9/6 株式会社イエムラ 代表取締役社長 家村 秀也さんインタビュー

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。