仙台宮城でキャリア教育を手がけるNPOハーベスト/せんだい・みやぎオータムセミナーの公式ブログ 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

10月10日 宮城県第一高等学校キャリアセミナー レポート

   ↑  2013/10/28 (月)  カテゴリー: キャリアセミナー
みなさん、こんにちは!
ハーベスト事務局の松田です。

10月10日(木)、宮城県第一高校で開催しました
キャリアセミナーのレポートをお届けします!

受講生は1年生 計283名。
26名の講師の皆様にご協力をいただきました!

宮城第一高校は、明治30年(1897年)に開校した仙台市高等女学校を前身とした、110年を超える伝統のある高校です。昭和23年には宮城県第一女子高校となって長く宮城県の女子教育の中核を担い、平成20年度(2008年度)からは男女共学の宮城県宮城第一高校として現在に至っています。

そんな伝統ある宮城第一高校、生徒のみなさんは明るく元気! 来訪した我々ハーベストスタッフにも、すれ違うたび、「こんにちは!」と大きな声で気持ちのいい挨拶をしてくれます。

講師のみなさんも続々到着し、いよいよ事前レクチャーがスタートです!
佐々城校長先生、進路指導部長 佐伯先生、進路指導ご担当 加藤先生より、講師の皆様に向けてメッセージをいただきました。

校長先生
佐伯?先生
加藤先生

佐々城校長先生より、
「こんにちは。このように大勢の講師をお迎えして、セミナーを開催できましたこと、ありがとうございます。宮城県第一女子高校から宮城第一高校になって6年目を迎えました。
女子は、宮城県第一女子高校以来の伝統に沿って活発にふるまっておりますし、男子は女子とうまく距離を取りつつ(笑)、活躍しています。入学して半年が経ち、生徒は課題を発見したり、悩みを抱えたりしています。この時期に講師の皆様からご提案をいただけることは有意義なことです。至らないところもあるかと思いますが、よろしくお願いいたします。」

進路指導部長 佐伯先生より 
「本校は、4年制大学への進学者が多いのですが、大学から先の進路を具体的にイメージすることができずにいます。また、学校での経験が社会でどう活かせるのかというお話や、実際に働いている方のお話を聞く機会が少ないのが現状です。講師の皆様のご提案があると、生徒は将来のイメージが持つことができ、元気が出るのではないかと思います。」

進路指導ご担当 加藤先生 
「1年生は、入学当初から比べるとだいぶ高校生らしくなってきました。これまでに、生徒たちは同窓生のお話や、昨年卒業した先輩のお話を聞き、進路を考えてきました。
在校生と面談していますが、『仕事とは何か』ということで迷っています。『好きなことを仕事に』と勧めても、何をしたらいいか分からず、迷うことが多いようです。仕事について考えるにしても、何から始めるか、どこから始めるかで悩んでいます。講師の皆様、よろしくお願いいたします。」

生徒の皆さんに対する愛情が伝わってくる温かいメッセージです。

そしていよいよ、講師の皆様に各教室へ移動していただき、
55分×2コマの講座スタート!


~~講座風景~~

DSCN9883_201310290631373fa.jpg
DSCN0023_20131029063101bb2.jpg
DSCN0015_20131029063100151.jpg
DSCN0011_20131029063059bd1.jpg
DSCN0063_20131029063103bc3.jpg
DSCN0057_2013102906310252a.jpg
DSCN9975.jpg
DSCN9968.jpg
DSCN9955.jpg
DSCN9948.jpg
DSCN9941.jpg
DSCN9933.jpg
DSCN9919_2013102906314532c.jpg
DSCN9916_20131029063144ce8.jpg
DSCN9897_20131029063143aab.jpg
DSCN9890_20131029063138dfa.jpg
P1090866.jpg
P1090851.jpg
P1090843.jpg
P1090834.jpg
P1090827.jpg
P1090816.jpg
P1090807.jpg
P1090801.jpg
P1090791.jpg
DSCN9996.jpg

2コマ目終了後は意見交換会です。

講師の皆様から、たくさんのご意見をいただきました!
一部を抜粋してお伝えしたいと思います。

「生徒達は反応がよく、頭のこなれが良いように感じました。女子生徒が多く、男子生徒もいましたが、男女の壁がなく、うらやましかったです。タイムスリップして自分が入りたいと思いました。(笑)」

「生徒の皆さんは持つべきものはすべて持っています。質問すればそれは出てくるのですが、逆に言うと質問しなければ出てきません。生徒の皆さんにはもっと自信を持ってもらいたいと思いました。
 私自身は30歳近くまで夢を持てませんでした。生徒の皆さんも、自分の夢を持つその時までに、やらなければならないことをやっておいてほしいと思います。また、生徒の皆さんは自分の持っているものの活かし方が分かっていないようです。持っているものを伸ばす方向に進んでほしいと思います。」

「今回は広報の仕事についてお話ししました。生徒が飽きるのでは、という心配もあったので、『15秒で思いを伝える』というワークショップをやりました。15秒の作品を10分間で作って、みんなでシェアしました。生徒の皆さんの出来は素晴らしく、感動しました。今後も、いろいろな形でキャリアセミナーの活動に関わりたいと思います。」

「自分の母校なので、今日は来るのを楽しみにしていました。生徒の皆さんは大人しい印象を受けましたが、講師が教室に来てから『汚くてすみません』と言って掃除を始めるのが一女(宮城県第一女子高校。現在は宮城県第一高校)らしいと思いました。(笑) いまの高校生はかわいくて、礼儀正しくて、挨拶もよくしてくれます。まっすぐ目を見て、メモを取りながら話を聞いてくれました。貴重な機会をありがとうございました。」

最後に、
宮城第一高校の先生方からこんなお話をいただきました。

進路指導ご担当 加藤先生より
「本日は長時間ありがとうございました。受講中、生徒はいきいきした表情をしていました。生徒はいい経験をしたと感じています。明日から授業なども含め、今日の経験を活かす工夫をしていきたいと思います。今後も機会があれば、よろしくお願いいたします。」

また、他の先生からこんなお話がありました。
「本校は真面目な生徒が多く、特に1年生は高倍率を勝ち抜いてきた優秀な生徒です。表面的には大人しいかもしれませんが、彼らが内に秘めるものは大きいです。
1年生ながら、彼らは進学する学部を決めなくてはならないのですが、進学したい学部が決まっていない生徒も多いのが現状です。生徒達が大人と話すことはめったになく、今回のキャリアセミナーは生徒達の今後のモチベーションを上げることに繋がると思います。
講師の先生は生徒達の憧れの像です。生徒達は、今の勉強が将来にどう繋がるのか理解出来たと思います。
 通常は40名のクラスのまとまりで分かれていますが、今回は興味別、進学したい学部別で分けました。そのためか、生徒の表情がいつもと違ったように感じます。
 今後、このキャリアセミナーが生きるようにしたいと思います。機会があればまたよろしくお願いいたします。本日はどうもありがとうございました!」

ご参加いただきました講師の皆様、ありがとうございました!
スポンサーサイト

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-1256.html

2013/10/28 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 10月10日 宮城県第一高等学校キャリアセミナー レポート

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。