仙台宮城でキャリア教育を手がけるNPOハーベスト/せんだい・みやぎオータムセミナーの公式ブログ 

3月5日(水) 宮城伊具高等高校 キャリアセミナー レポート

   ↑  2014/03/19 (水)  カテゴリー: キャリアセミナー
みなさん こんにちは。
ハーベストの相原でございます。
本日は、3月5日に開催されました
【宮城伊具高等高校 キャリアセミナー】の様子をレポートいたします。


◇◆◇ 事前レクチャー ◇◆◇

DSCN2197.jpg

先生から講師のみなさまへのご挨拶を頂戴致しました。
その後、講師の皆さまに各教室に移動していただき、講座スタートです。

今回は50分×2コマでの開催で、
13名の講師の皆様にご協力をいただきました。


◇◆◇◆◇ 講座の様子 ◇◆◇◆◇

DSCF9408.jpg
DSCN2204.jpg
DSCF9398.jpg
DSCF9403.jpg
DSCF9387.jpg
DSCN2228.jpg
DSCN2223.jpg
DSCF9394.jpg
DSCF9372.jpg
DSCN2217.jpg
DSCN2210_20140319112800b34.jpg
DSCF9380.jpg

◇◆◇ 意見交換会 ◇◆◇

講師の皆さまより、本日のキャリアセミナーのご感想をお話しいただきました。
(一部を抜粋してご紹介させていただきます。)

DSCF9413.jpg

〇今回初めて参加しました。 
私の講座内容は『みんなには無限の可能性があるのだよ』といった内容で、
生徒に伝えてきました。
みんな素直にきいてくれました。

〇みなさんこんにちは。私も初めての参加です。
私は生徒の皆さんに、これからの仕事の考え方などについて伝えてきました。
今日はありがとうございました。

〇私は、伊具高校での講義は3回目です。
毎回来て思うのですが、皆さんすごく素直だと感じております。
特に今回は女子がシャイで、男子が積極的な印象を受けました。
私の講座内容は、『いつも自分の将来は自分で決めないといけないのだよ』と伝えております。
自分で決める為には、色々な情報や、色々な人の話しを素直に聞いてほしいと話しています。
過去二回ほど伊具高校のセミナーに参加していますが、その中でも今回の生徒が一番積極的でした。
また機会がありましたら参加したいです。

〇私は普段、若者サポートの相談員をしておりまして、日頃から十代の子と
接する機会が多いのですが、子供たちは現実と選択肢にぶつかって、
選択肢が狭まってきているようです。
日頃は若者と接していているので、出来るだけモチベーションを上げてやれるような
講座になる様に話しをしてきました。

〇今日、生徒に話しを聞いたら、ほとんどの皆さんが就職とのことでしたが、
私の経験を踏まえて、出来れば上級の学校で勉強をしてもらいたいです。
『社会に出てからの可能性・生き方が大切なのだ』との感想を生徒から受けてきました。

〇仙台から来ました。伊具高校は今回が初めてです。
今日は聞いてくれる生徒さんに恵まれたと思います。
私はいつも『人生には何一つ無駄なことなんかない』のだよといったお話しをしております。
自分の役に立つからやる。役に立たないからやらないはちょっと違うのでは?
とのお話しをしています。
高校では40パーセントは遊んで・友達を作って幅のある高校生活を送ってほしい
といった事と人生の『四苦八苦』についてのを話しました。

〇私の子供たちが高校生ぐらいなので、すごく親近感があります。
私は、自分の好きなことを仕事にしているので、本当に好きなことをして
自分の足でいろんなことを決めて見てほしいと話しました。

〇私は、聞きたいことを紙を渡して書いてもらい、皆さんに書いてもらった質問に答えるようにしています。
たいがい、どこの学校でも2~3枚白紙があるのですが、今日は全員が書いてくれました。
予想外の質問が出て、TPPについて、原発についてどう思いますか?企業に求められる人財とは?
といった大きな問題が出てきました。

〇養鶏をしています。キャリアセミナーは何度か参加しており、伊具高校は2回目です。
今回ほとんどが男子でして、ちょっとシャイな印象を受けました。
話し合いの中で、何のために部活をしてるのかとか、なぜ学校に来るのかとか、
まじめに勉強をしてとかを話しています。
今日の講座では。消防士をめざしている生徒がいて、将来に夢と希望・可能性を持って
高校生活を送っていて、素晴らしいです。

〇伊具高校は事前に就職をすることを決めてから入ってくる学校だとおもうのですけど、
就職にとらわれ過ぎているんじゃないかなぁといった印象を受けました。
みなさんすごく素直で、楽しい講義をさせて頂きました。

〇私は伊具高校は三回目になります。
前回私の講義を聞いてくれた生徒が、今回も受けてくれた生徒が二人も居ました。
今日聞けて良かったですと感想をもらいました。私は初めの40分は自分の話をして、
質疑応答を10分と決めているのですが、ついしゃべりすぎて、45分くらい授業をしてしまいます。
質問の中で一番の支えになった人はどんな人ですか?との質問にとっさに思ったのが、
父と母でした。いろんな場面で親が支えてくれて、いろんな人に支えられてきたのですが、
親に感謝することが伝えられたかなと思います。

〇生徒さんはとっても素直で、目を見てくれたのと、質問に対して返事をして反応してくれたので
それは素晴らしいことなんだよと伝えさせて頂きました。
高校2年生の時進路を決める際に、就職から進学に変わったきっかけがあり、若干後悔しておりまして、
ほんとに自分がやりたいこと、興味があるとするならば、いろんな年代の方からのアドバイスや
相談をお願いしてくださいとの話しを致しました。
私は周りに流されるままに進学した経緯がありまして、その際に、先生とか、年上の方、
親などに相談していたなら、後悔をしなくてすんだかもしれないとの話しをしました。
それと、挫折からの立ち直りのコツなどのついて話させて頂きました。

〇伊具高校は、5回目くらいだと思います。結構活発でした。特に男子が外向きでびっくりしました。
今日は人数が少なかったので、50分ずっと会話と質問をしながらやってました。
やりたいことがあるんだけれども、周りに反対されるから言えないといっていたので、
是非、父兄も先生方も夢を応援してあげてください。夢の内側にあるものを聞いてほしい。
たとえば、ウルトラマンになりたいといった裏には、優しさとか強さとかがあるので
その辺を聞きながら夢の応援をしてください。


丹野先生より

DSCN2242_201403191128500b1.jpg

本日はどうもありがとうございました。
昨年は、時間を守らない生徒がおりましたが、1年たってどうでしたか?
すこし大人になってくれたかなと思います。
人には話を聴ける年齢があって、その年齢にならないと、わからないのかなと。
その為に、皆様のお力を借りて、話しをしていただいて、私も聞いてすごくハッピーになりました。
自分が満たされているからこそ、世の中や子供たちを見れますし、今後ももっとよくしていきたいし、
学校だけでなく、地域もよくしていきたいとおりますので、次回も手を挙げてきて頂きたいです。
ありがとうございました。

高田先生より

DSCN2243_201403191128292a3.jpg

遠いところから、ありがとうございます。
帰り際に生徒と廊下ですれ違ったのですが、とてもイキイキとしているのが解りました。
今後、進路に追われる部分が出てくると思いますが、今回話ししていただいた事をかてに
生徒たちには生かしてほしいです。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。
ありがとうございました。

とのお話をいただき、
【宮城伊具高校 キャリアセミナー】が、無事に終了いたしました。

講師のみなさま、
ご協力誠にありがとうございました!
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

スポンサーサイト

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-1323.html

2014/03/19 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 3月5日(水) 宮城伊具高等高校 キャリアセミナー レポート

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback