仙台宮城でキャリア教育を手がけるNPOハーベスト/せんだい・みやぎオータムセミナーの公式ブログ 

11月11日(火) 宮城県仙台向山高等学校「オータムセミナー」レポート

   ↑  2014/11/20 (木)  カテゴリー: キャリアセミナー
みなさんこんにちは、
ハーベストの鈴木です!!
今回は11月11日(火)開催の宮城県仙台向山高等学校「オータムセミナー」
の様子をレポートいたします。
【事前レク】
P1180004.jpg

■渡辺校長先生
「オータムセミナーを通して1年生は様々な職業の方からお話を聞き、
大学受験合格だけでなくその先の『社会人』を見据えてほしいと思います。
まだ、高校1年生ですが、本日が『働く』事の第一歩であると考えております。
講師の方々には是非『働くこと』の『紆余曲折』を生徒に伝えて頂きたいです。
また、生徒はいろいろな形の職業感、様々な価値観をお持ちの講師の皆様に触れて、
何かを感じ取ってほしいと思います。是非生徒に『志』を熱く語って下さい。」
■進路指導部長 穂積先生
「本日開催されるオータムセミナーを通して、1年生は『社会』と繋がるスタートを切ります。
また、『社会』と繋がる位置づけにあるのが『オータムセミナー』であると考えております。
生徒に期待している事は、『社会人としての立場』『社会的テーマ』『社会の役割』
『仕事をする上でのプライド』『生きがい』『やりがい』を持って仕事をされて居られる、
講師の皆様から、様々な事を吸収してほしいということです。
また、このような『信念』をお持ちになって、日頃仕事をされている皆様には
『社会と繋がる意義や重要性』を説いてほしいと思います。
最後に生徒にとって本日が『掛け替えのない1日』にしてほしいと思います。」
■進路指導 千葉先生
「職場に出向いて、社会人の方々と接する機会はありますが、
このように様々な職種で実際に働いている方との関わりはありません。
生徒には、社会人としての心構え、仕事のやりがいを感じ取ってほしいです。」

とのお話をいただきました。
その後、生徒たちの案内で各教室にご移動いただき、
講座がスタートしました。

今回の講座は、1年生201名が受講し、
20名の講師の皆様にご協力いただきました。
50分×2コマの開催です。

〈キャリアセミナーの様子〉
P1180031.jpg
P1180044.jpg
P1180048.jpg
P1180062.jpg
P1180074.jpg
P1180086.jpg
P1180106.jpg
P1180116.jpg
P1180126.jpg
P1180142.jpg
P1180026.jpg
IMG_3673.jpg
IMG_3635.jpg
IMG_3603.jpg
IMG_3584.jpg
IMG_3558.jpg
IMG_3515.jpg
IMG_3502.jpg
IMG_3471.jpg
IMG_3443.jpg

【意見交換会】
〈講師の皆様の感想を抜粋してご紹介させていただきます。〉
「最初は緊張しましたが、講話をしていて私自身楽しかったです。
仙台向山の生徒は講話の最中に目を見て、メモを取り、本当にまじめでした。
生徒の興味を引き出すのは、私たち講師の話し方が重要であると改めて感じました。」

「様々な話をしましたが生徒の『理解力』が高いと感じました。
質問をするとなかなか答えてくれませんが、指名して話を聞くと、
自分の考えをしっかりと持っていました。
また、モノ作りの『大切さ』『おもしろさ』『感動』を感じると、
人生のエネルギーになると伝えました。」

「去年から参加させて頂いております。今回で2校目です。
初めて参加させて頂いたのは、泉館山高校です。終わった後の感想文で
『楽しかった』という項目が満点や満点に近かったのですが、
『不安が解消された』という項目が低かったので、本日は子供たちの不安を
解消させてあげたいとの想いで参加させて頂きました。
私自身も、生徒と共に成長していきたいと思います。」

「仙台向山の生徒はまじめで、しっかりとメモを取る習慣が
身についているように感じました。
何事もただ単に行うのではなく『目標』を持って行いなさいと伝えました。」

〈先生方からもお話しをいただきました〉
「講師の皆様からのお話を聞いていて、1、2点お伝えしたい事があります。
生徒から質問が出ないと講師の皆様からお話がありましたが、
今の高校生は『自己肯定感』が低いと指摘されております。
仙台向山高校に入学してくる子供たちは『まじめ』で今まで怒られた事が少ないように思います。
かと言って、おそらく表に出て集団を引っ張る子も少ないのではないのでしょうか。
そのため、現在の子供たちは、褒められること自体が少ないのではと感じています。
ナンバースクールに行く生徒は褒められる事の喜びであったり、嬉しさを知っているのです。
ですから、自ずと積極性を身につけられるのだと思います。仙台向山の生徒に限らず、
今の高校生には、高校卒業後、また、大学卒業後、就職するといった過程の中で、
『自己肯定感』を高めていってほしいと思います。その第一歩が本日の『オータムセミナー』です。
一人一人感じた点は違うと思います。ですが本日の学びを確実に自分の糧にしてほしいと思います。
2点目として、先ほど講師の方からお話がありました、講話を通して生徒の
『不安が解消された』かどうかについてです。一昔前の進路指導の在り方として、
生徒の目標を具体的に定めるといったやり方がありました。しかし、現在の進路指導は
いかに生徒の可能性を広げてあげるかであると思います。学生の内に様々な壁にぶつかり、
立ち止まることで、いろいろな『気付き』を通して成長していくのです。
つまり、可能性が広がるということは、必然的に『不安』が増えるという事です。不安の中、
自分自身を支えるのは 『今までの自分であり、これまでの確固たる自分』なのです。
生徒は不安の中、今まで自分がしてきた指針をもとに、様々なアプローチで不安を
解消させていくのだと思います。講師の皆様には『不安を解消出来なかった』ではなく、
『生徒の可能性を広げてあげた』と前向きに考えて頂きたいと思います。
最後に心より感謝申し上げます。」

「本日はありがとうございました。日頃の授業ではいつも眠そうな生徒が、
本日は真剣に積極的にメモを取り、いつもとは顔つきが違う様子を見て、
私自身、大変勉強になりました。今回の経験を通して、成長してほしいです。」

「現代の高校生は良い意味での外部との接触が少ない、
これからは「オータムセミナー」のような機会が増えることを願っております。」

とのお話しをいただき、
宮城県仙台向山高等学校「オータムセミナー」が終了致しました。
ご協力いただいた講師の皆様、誠にありがとうございました。
今後とも、宜しくお願い致します!!
スポンサーサイト

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-1375.html

2014/11/20 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 11月11日(火) 宮城県仙台向山高等学校「オータムセミナー」レポート

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback