仙台宮城でキャリア教育を手がけるNPOハーベスト/せんだい・みやぎオータムセミナーの公式ブログ 

12月10日(水)村田高等学校キャリアセミナーレポート

   ↑  2014/12/19 (金)  カテゴリー: その他
皆様 おはようございます!
ハーベスト事務局の武藤です。

今日は先週12月10日に開催しました、宮城県村田高等学校キャリアセミナーの様子をお伝えします。

村田高校では1年次にライフプランを立てる活動をし、自分は『こうなりたい』という目標を立てています。
今夏にはインターンも経験し、今回のキャリアセミナーはそのあとのタイミングでの開催となりました。

◇◇事前レクチャー◇◇
校長先生をはじめ、先生方よりキャリアセミナーの趣旨や生徒の様子をお話し頂きました。

事前レク1

■校長先生
13名の講師の皆様、お忙しい中、またお寒い中ありがとうございます。
今の高校生は将来を見据えて進路を考えることが難しく、決めかねている状態と言えます。
本校の生徒も自己表現がなかなかできず、またコミュニケーションを苦手をしている中、今日は社会の第一線にいらっしゃる皆様から話を聞くことは、生徒にとって良い経験となり、そして“力”になります。
生徒たちの道しるべとなるよう、今日はよろしくお願いします。

事前レク2

■進路指導部長
受講する2年生は様々なセミナーや総合的な学習の時間などの中で進路について考えている生徒は多いです。しかし、これからが本格始動となります。
皆様からの話を聞き、そして生徒からも質問をさせて頂きながら、この時間を有意義な活動にしたいと思っています。
今日は皆さんの優しいアドバイス、厳しいアドバイスをよろしくお願いします。

事前レク3

■2学年担当教諭
進路は、6割就職、4割進学です。
生徒はなかなか自分を表現できずにいます。
1年生の時は『こうなりたい』というものがありましたが、2年生の今、悩んだり、周囲の意見により、『自分はこうなりたい』となかなか言えなくなっている現状もある、とお話しいただきました。

=============
今年90周年を迎えた村田高校。事前レクチャーの最後には、控室に飾ってあった旧校舎の写真から、教頭先生より、もともとは町立で地元と共にある学校であることや、旧校舎では敷地内に自動車学校があり、その設備は生徒たちが自らの手で作ったことなどのエピソードをお話しいただきました。

事前レク4 事前レク5
△旧校舎について説明してくださる教頭先生
=============

その後、生徒たちの案内にて講師の皆様に移動していただき、講座が始まりました。

今回は50分×2コマでの開催で、
13名の講師の方々にご協力いただきました。

◇◇講座の様子◇◇

P1190104.jpg

P1190097.jpg

P1190091.jpg

P1190081.jpg

DSCN5534.jpg

DSCN5512_20141219092916703.jpg

DSCN5501.jpg

DSCN5494.jpg

DSCN5488.jpg

P1190115.jpg

P1190135.jpg

P1190142.jpg


◇◇意見交換会◇◇

講師の皆様、学校の先生方より今回のキャリアセミナーのご感想をお話しいただきました。
(一部抜粋して紹介させていただきます。)

○ラジオの広告代理店を始め、会社を立ち上げてから1年でここまできた話をしました。
電気の話をしていると、お昼ご飯を食べた後だったためか眠そうで大変な様子でしたが、持ってきていたおもちゃ(電気系統の模型)が役立ちました。
私の話はやりたいことをやった方が良いというまとめ方ですので、生徒さんそれぞれによって色々な捉え方があるとは思いますが、何か残せたらいいな、という思いでやらせていただきました。

○サービス業の視点から、相手に好感をもたれるにはどのような挨拶が良いか、姿勢は…など実践的なプログラムにしました。
一緒に実践してくれたので良かったと思います。
ただ、ここでこういう反応があると良いな、という場面で反応が返ってこないところがありましたので、自分の思いをしっかり表現できるようにトレーニングを積み重ねて頂くと、これから先の進学や就職に役立つのではないかと思います。


P1190149.jpg

○目標や夢を持っていてもそれを言えない生徒が多いと思いました。私も14歳から夢がありましたが、高校生になってからしか友達に言えませんでしたので、目標や夢を言った方が良いと話しました。
生徒たちはキラキラした眼差しで聞いてくれていました。
夢は持つべきものだと思います。そのために遠回りしても無駄なことはない、なんでも興味のあることをやってみた方がいいと伝えました。
生徒から元気をもらうことが多く、良い経験になりました。

○お客様とのつながり、接客業について話をしました。
生徒は目を見て話を聞いてくれますが、質問をしても言葉がでませんでした。
しかし、角度を変えた質問をするとキラキラと反応してくれたのが印象的でした。
また、就職するときのメイク方法などに興味を持っていました。
生徒の希望(調査票)をみて、話の内容を変えたのが良かったようです。
お客様からお金をもらってする仕事というものについても伝えさせてもらいました。

○生徒には毎回、もしやる気スイッチが売っていたら買う人ー?という質問をしています。今回、全員が挙手していました。
進路を考える上で体と頭が健康な状態にいた方が良いよ、という話をしています。
また、話のなかで持ち帰って自分に活かせるキーワードがあったらメモして持ち帰ってねと伝えています。
生徒たちにはおおむね伝わっていたように感じます。

○楽しみ方や生き方を接客業で学べるんだよということを話しています。
今日はアイスブレイクをして打ち解けるまでの時間が短かったです。
真剣に聞いてくれましたし、笑うところは笑ってくれました(笑)
いろいろ話をしていく中で印象に残った質問がありました。嫌いな人も好きになった方が良いと伝えると、「嫌いな人は嫌いなじゃだめなの?」と、高校生らしい素の質問でした。
嫌いな人でも近づくことは必要。嫌いな人というのは自分と似ているところがあって、アンテナに引っかかっている。似ているところがあるということはもしかしたら親しくなれるかもしれない。その可能性に1回はチャレンジした方が良いよ、と答えました。


先生方からは、

○貴重な話をどうもありがとうございました。
分野別に専門性の高いお話でした。生徒たちは経験したことのないことを疑似体験していると感じました。
今後の人生に大きく役立つと思います。

○生徒たちは刺激を受けたと思います。

意見交換会1

○2学年主任
興味を持って参加したと思います。
生徒からすると、今日は2人の大人に出会えた機会でした。
皆様の考え方、生き方を聞いて、『僕は、私は、どうなのだろう?』と考えるきっかけになりました。
本日は良い時間をありがとうございました。

意見交換会2


○教頭先生
皆様は生徒の心を打ち解かして話をしてくださいました。生徒たちの顔を見てもニコニコして解けていました。
手を差し伸べて頂いた成果かと、生徒の顔を見て思いました。
人と人とが出会うことが大きな転機となります。今日、皆様と出会ったことが大きな転機です。
生徒の心の中に種が植わったなと思いました。
本日はありがとうございました。


とのご感想を頂きました。

また、意見交換会終了後に、
『インターンを経験したあとのキャリアセミナーは生徒の理解が大きい、良いタイミングでの開催だ』とお話しくださる講師の方もいらっしゃいました。

~~~~~~~~~~~
以上、宮城県村田高等学校キャリアセミナーレポートでした。

講師の皆様、ご協力くださり誠にありがとうございました。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-1386.html

2014/12/19 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 12月10日(水)村田高等学校キャリアセミナーレポート

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback