仙台宮城でキャリア教育を手がけるNPOハーベスト/せんだい・みやぎオータムセミナーの公式ブログ 

2月19日(木) 仙台市立仙台工業高等学校 全日制「キャリアセミナー」レポート

   ↑  2015/02/25 (水)  カテゴリー: キャリアセミナー
みなさん、こんにちは! ハーベストの小角です。

今回は、2月19日(木)開催の
仙台市立仙台工業高等学校 全日制 キャリアセミナーの様子をレポートいたします。
IMG_2581_201502251417222f7.jpg


◆◆◆ 事前レクチャー ◆◆◆

▼西尾校長先生
P1190916.jpg
「全日制では、ハーベストのキャリアセミナーは初めてになります。定時制では何度かお世話になっています。
まさしく生徒たちはこれから社会に旅立つため、キャリアのお話が役立つものと思います。
大きな心の刺激になると思います。短い時間ですが、よろしくお願いいたします。」

▼進路指導部長 春日川先生
P1190920.jpg
「年度末の忙しい中、ありがとうございます。
工業高校は就職率が高いこともあり、他でもこういう機会が少ないです。
今年度の3年生約200名の中、50名ほどが進学、その他は就職します。
人口が減っていく中で、ものづくりや人づくりと、いろいろな視点で考えていかなければいけないのではないかと思います。就職させてそれで終わりということではないと思っています。
皆さまの経験から、忌憚ないお話を生徒にお願いしたいと思います。お互い緊張する中で始まると思いますが、ご配慮をよろしくお願いいたします。
こういう場は貴重な時間です。皆様のお力をお借りしたいと思います。」

とのお話をいただきました。
その後、講師の皆さまに各教室にご移動いただき、講座がスタートしました。

今回のセミナーは〈50分×2コマ〉です。
2年生約60名を対象に、7名の講師の皆さまにお話しいただきました。

◆◆◆ 講座の様子 ◆◆◆
1_2015022514275720b.jpg
2
3_20150225142825351.jpg
4_20150225142836edd.jpg
5_20150225142848882.jpg
6_20150225142858eff.jpg
7


◆◆◆ 意見交換会 ◆◆◆

講師の皆様の感想を抜粋してご紹介させていただきます。

「後輩の皆さんと話ができる楽しい時間でした。真面目ないい子たちという印象でした。
残念だったのは、1コマ目の半分の生徒が何をやりたいか決まっていないということでした。もっと掘り下げていろんな相談に乗れればと思っていました。また機会があれば、心の中の本音で話ができればと思います。」

「生徒の質問に沿ってできるだけ知りたいことに答えられるようにしたいと心掛けていますが、今回は質問票が事前に届きましたので、自分の中学・高校時代のことなどからまとめてきました。
『社会人になるまでの間に何をしておけばいいですか?』という質問が大きなテーマになり、それに沿って話していくようにしました。大人に対してそういう質問をできることが、すごいと思いました。自分たちが大人になるまで何をしたらいいかなんて、私が高校生の時にはそういう質問は出なかったと思います。とても感心して楽しめました。ありがとうございました。」

「土木科にも女子生徒がいて驚きました。建築科と土木科の女子生徒の方の参加があり真剣に聞いてもらって、世の中が変わってきたと感じました。
初めて工業高校の、しかも自分の関わる業界の学科である建築科・土木科での講座でしたので、私も話しやすかったですし、普段やっていることの話をすることで興味深く聞いていただけたんじゃないかと思います。同じ業界だということもあって、よそ見をする生徒もいなく、視線をいつも以上に感じました。いつもは講座時間をオーバーすることはないのですが、長くなってしまいました。最後に質問も受けさせてもらいましたが、とても明るいし熱心な子ばかりでした。」

◆◆◆ 先生方より ◆◆◆

▼進路指導部 就職支援員 高野先生
「皆様の生き様とか、会社のありのままの姿をお話しいただきました。生徒たちにとって、覚悟を決めて就職に向かっていくのにいいきっかけになると思います。
まだ何をやっていいか決まっていない生徒もそこそこいます。このような機会を重ねていくことで、少しずつモードが切り替わっていくのかな、と思います。素晴らしい機会をいただき勉強になりました。ありがとうございました。
この先皆様と何らかの形で生徒たちがご縁があればいいなと思っています。」

▼進路就職部長 春日川先生
「学校の先生や就職関係の業者の人の話を聞くことがありますが、大人の生の話を聞く機会はなかなかありません。井の中の蛙の状態の子が非常に多くて、世の中を知らないな、と常々感じながら接しているところです。我々でうまく引き出してあげられていないなと皆さんの話を聞きながら感じました。今後も地域の方の力をお借りして引き出してあげなければいけないと思います。
また、今回ひとつのキーワードが『つながり』だったのかと思いました。もしかすると来年、生徒たちがお世話になることもあると思います。または、人とのつながりがあって今の仕事に就かれている方、今作っているものが50年後に残り100年後どうなっているのか、という作ったもののつながり、縁のつながり、被災した子は地域のために復興させたいという地域のつながり等、各々別の視点でお話しいただきました。大変ありがたく思いましたし勉強になりました。」

とのお話しをいただき、
仙台市立仙台工業高等学校 全日制 「キャリアセミナー」が終了いたしました。
ご参加いただきました講師の皆さま、ご協力ありがとうございました。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-1393.html

2015/02/25 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 2月19日(木) 仙台市立仙台工業高等学校 全日制「キャリアセミナー」レポート

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback