仙台宮城でキャリア教育を手がけるNPOハーベスト/せんだい・みやぎオータムセミナーの公式ブログ 

10月21日(水)宮城県泉高等学校「キャリアセミナー」

   ↑  2015/10/30 (金)  カテゴリー: その他
みなさん、こんにちは、ハーベストの鈴木です!
今回は10月21日(水)開催の宮城県泉高等学校
「キャリアセミナー」の様子をレポートいたします。
4_20151030132924aec.jpg

……‥・事前レクチャー・‥……
■校長先生より
「今年も、社会の第一線で活躍する社会人の方々30名の皆様、
多数お越しくださりありがとうございます。
近頃よく聞かれる新聞、読書、いわゆる『活字離れ』ということが言われています。
活字離れの大きな要因の一つがスマートフォンです。
8、9割近くの生徒がスマートフォンを使っています。
そのため、時間を取られてしまって勉強の時間が確保出来ない生徒がいます。
また、最近の高校生は特定の芸能、スポーツしか情報を得ないため、
視野が狭くなってしまう傾向があります。このような中で、経験豊富な社会人の方々に、
未知の情報を直接聞く機会を設けていただき、本当にありがとうございます。
高校生にとっては新鮮で得るものが大きいと思います。泉高校の生徒は、
明るく、素直な生徒が多いので、言われたことを素直に感じてくれると思います。
感受性豊かな心に刺激を与えていただきたいと思います。
よく、現代は『グローバル化社会』、『情報化社会』、『多様化社会』
と言われ、複雑化しています。
そんな中、どんな仕事に就いても、価値を見出して、自分がどういう形で
社会で生きて貢献出来るかというのを早いうちから考えていくことが大切だと思います。
本校の生徒は100%近くが進学希望です。近頃の統計では、
大学4年間で退学する学生の割合というのは8%もいるそうです。
高校としては、進路指導やキャリア教育に力を入れているところです。
そういう部分では、入ってからのミスマッチを防止することが1番であると思います。
私たちは、ある程度我慢する『おもしろさ』を知っています。
耐えて、根性を出して続けていくことも重要であると思いますが、
本当に合わない場合や、違う道に進んだ方が力を発揮出来る人もいるので、
あながち退学することが悪いことではないと思います。
そのような生徒にとっては、ステップアップの機会として
何が出来るのかというのを『考える力』も必要なのだと思います。
退学するにしても、今後の具体的な挑戦を持っている、
そういう気持ちが大事になると思います。
大学に入った後、これから卒業した後の人生を
考える良い機会になればと思います。
本日はどうぞよろしくお願いいたします。」

■進路指導部 2学年の先生より
「この度は、講師の皆様方お時間を割いていただきまして
本当にありがとうございます。
今年の1年生は、大多数の生徒が国公立の大学を目指していますが、
大学に入ってから『何がしたいか』、この先どんな仕事があって
どんな仕事に就きたいのかということになると、イメージが出来ていません。
ですので、講師の皆様方のご経験をお話しいただき、
生徒が今一度自分の進路を考えるだけでなく、
自己を振り返る機会にしてもらいたいと思います。
また、働く意味だけでなく、実際にどんなお仕事があるか、
どんな経験をされて、ご苦労されてきたのかをお話しいただいて、
生徒が具体的な視点をもてる機会にしていただければ幸いです。
本日はよろしくお願いいたします。」

とのお話をいただきました。
その後、生徒たちの案内で各教室にご移動いただき、講座がスタートしました。

今回のセミナーは50分×2コマ。
1学年279名を対象に30名の講師の皆様にお話しいただきました。

……‥・事前レクチャーや講座の様子・‥……
29.jpg
28.jpg
27.jpg
26.jpg
25.jpg
24.jpg
23.jpg
22.jpg
21_20151030133115252.jpg
20_20151030133055a9b.jpg
19_20151030133054f73.jpg
18_2015103013305252f.jpg
17_20151030133051eda.jpg
16_20151030133049c55.jpg
15_20151030133028aff.jpg
14_20151030133027fac.jpg
13_2015103013302504f.jpg
12_20151030133024c49.jpg
11_20151030133022911.jpg
10_20151030132955c6c.jpg
9_20151030132954e92.jpg
8_20151030132952933.jpg
7_20151030132951b5f.jpg
6_20151030132949781.jpg
5_20151030132926986.jpg
3_20151030132923e2b.jpg
2_20151030132921b04.jpg
1_20151030132920284.jpg

……‥・意見交換会・‥……
講師の皆様よりキャリアセミナーの感想をお話しいただきました。
(一部を抜粋して紹介させていただきます。)

「講話では積極的に質問をしていただきました。色々と探りながら講話を進めました。
誘導してくれた生徒に聞いてみたのですが、多少気持ちが『熱く』なってくれたようでした。
心に残るものがあったというのがとても嬉しかったです。」

「今日実は、私が今までしてきた中で、受講者人数が一番少なかったのですが、
その分一人ひとりとじっくり話せる時間がありました。大人しいという話がありましたが、
一人ひとりと会話をすると様々なことを考えているのだと気付きました。
逆に、充実した時間を持てたのでとても良かったです。」

「話を食いついて聞いてくれる生徒さんもいて、質問も出てきました。
話を聞いていたら、『進路選択』で悩んでいるということを伝えてくれました。
『悩み』があるという事は悪いことではないので、良かったと思います。
私自身の反省点は少し『アイスブレイク』が足りなかったのかなと思っています。
本日はありがとうございました。」

「昨年も参加させていただきました。どの高校でも聞く質問があります。
それは『どのくらい1週間の内に勉強しますか』という質問です。
どの学校でも0~3時間には3~4人が手をあげている状況です。
泉高校で同じ質問をしたら、『0』でした。 これは、去年の感覚で言うと、
もっと手をあげていました。去年と違うと感じました。
また、去年より挨拶が元気だと感じました。やらなきゃいけない『義務感』というのでなく、
自然と出来ているのだと感じました。挨拶に関して泉高校は『ピカイチ』だと思います。
もちろん、先生がおっしゃった通り大人しいですが、
一人ひとりはしっかり自分の意見を持っています。
自分が聞きたいことに関しては、私たち大人が待っていてあげれば
必ず意見が出てくると感じました。泉高校の生徒に今後の可能性を感じました。」

……‥・先生より・‥……
■進路指導部 1学年主任の先生より
「みなさん、お疲れのところ本当にありがとうございました。
今、先生方のお話をお伺いして、新たな『発見』がありました。
普段、教員や親以外の大人の方と話をする、
1対1で何かを話す機会はなかなかないと思います。
そういった状況の中で、このような機会を設けていただいたことは、
我々も非常に感謝しています。講師の先生方も今のご苦労であったり、
これまでのご苦労であったり、また、仕事の喜びであったり、
そういった先生方の熱を生徒たちは感じとりながら
伺っていたのではないかなと思いました。
今日の先生方のお話の内容はもちろん、それ以上に先生方の
お話を通じての出会いというものが、
生徒にとっては本当に掛け替えのない、
自分の将来が決まっていくような機会であったと思います。
そういった意味では、普段我々が出来ないような機会を
くださいまして、本当にありがとうございます。
今日のこの機会を、さらに我々が膨らませて
生徒の今後のために頑張って参ります。
今後とも宜しくお願いいたします。」

とのお話をいただき、宮城県泉高等学校「キャリアセミナー」が終了しました。
ご参加いただきました講師の皆様、ご協力ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします!
スポンサーサイト

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-1428.html

2015/10/30 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 10月21日(水)宮城県泉高等学校「キャリアセミナー」

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback