仙台宮城でキャリア教育を手がけるNPOハーベスト/せんだい・みやぎオータムセミナーの公式ブログ 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

12月2日(水)宮城県利府高等学校「社会人セミナー」レポート

   ↑  2015/12/17 (木)  カテゴリー: キャリアセミナー
皆様、おはようございます。
ハーベスト事務局の森田でございます。

12月2日(水)に、宮城県利府高等学校にて社会人セミナーを開催いたしました。
その時の様子をレポートいたします。
P1270081.jpg



……‥・事前レクチャー・‥……


高橋校長先生、長谷川先生より講師の皆様へのご挨拶を頂戴しました。

・高橋校長先生
20151202_jizen1.jpg

本日は、お忙しい中お集まりいただき、大変感謝しております。
実社会で活躍されている社会人の方から生のお話を聞くことができるのは、大変貴重な機会だと思います。
本校は部活動、特に運動部が盛んです。そのため生徒たちは毎日勉強と部活で忙しくしています。
その中でも生徒たちは、様々な進路希望を持っています。大学進学、専門学校、就職など色々考えてはいるようですが、具体的な将来の形はまだ見えてないようです。
生徒たちに、より一層自分の将来について考えられるよう、皆様のお話から何かを学び取ってほしいと思います。
よろしくお願いいたします。

・長谷川先生
20151202_jizen2.jpg

本日はよろしくお願いいたします。
本校でのキャリアセミナー開催は、今年で2回目となります。
1年生は総合的な学習の時間を使ってキャリア教育をしています。
生徒たちは部活をしている子が多く、生徒同士でいると元気ですが、オープンな場にでると、おとなしくなります。
去年度のキャリアセミナーで、講師の皆さんから「真面目な生徒で、ちゃんと話を聞いてくれました。」といった感想をもらい嬉しかったです。
また反対に、「生徒たちからあまり質問が出なかった」などの感想もあり、生徒たちに主体的に「聞きたい」と思わせられていなかったのだと思いました。
今回、事前授業として生徒たちに「なぜ働くのか」ということを考えてもらいました。
グループに分かれてそれぞれ色々な意見を出し合い、その中で出てきた疑問をキャリアセミナーで聞いてみようという内容でした。
ひとりでも多くの生徒たちが主体的に今日の皆さんの話を聞けることを期待したいです。
よろしくお願いいたします。


その後、生徒たちの案内にて講師の皆様に移動していただき、講座が始まりました。

今回は45分×2コマでの開催で、対象は1年生。
29名の講師の方々にご協力いただきました。


20151202_01.jpg
20151202_03.jpg
20151202_04.jpg
20151202_05.jpg
20151202_07.jpg
20151202_08.jpg
20151202_09.jpg
20151202_10.jpg
20151202_11.jpg
20151202_12.jpg
20151202_13.jpg
20151202_14.jpg
20151202_15.jpg
20151202_16.jpg
20151202_17.jpg
20151202_18.jpg
20151202_19.jpg
20151202_20.jpg
20151202_21.jpg
20151202_22.jpg
20151202_23.jpg
20151202_24.jpg
20151202_25.jpg
20151202_26.jpg
20151202_27.jpg
20151202_28.jpg
20151202_29.jpg
20151202_30.jpg
20151202_31.jpg


-=意見交換会=-


講師の皆様、学校の先生方より今回のキャリアセミナーのご感想をお話しいただきました。
(一部を抜粋してご紹介させていただきます。)


○私は利府高校の6回生の卒業生です。
講座では私の失敗談とそこから立ち直れた話をさせていただきました。
真面目な生徒たちですので、緊張をほぐすのに少し時間がかかりました。
45分では収まらないくらい話したいことがたくさんあり、講座時間を少々超えてしまいました。
こちらからの質問にちゃんと答えてくれたので、やはりいい先輩がいるからこそいい後輩が育つのだなと思いました。
ありがとうございました。

○私は利府高校の12回生の卒業生です。
去年も参加させていただいたのですが、今年の生徒は去年よりも挨拶がしっかりしていると思いました。
受講生徒の多くが運動部の生徒だったので、モチベーションの作り方がしっかりとできていて感心しました。
ありがとうございました。

○私はサラリーマンをしており、講座では人間力についてお話ししました。
コミュニケーションを取るのが苦手でも聞き方次第で補うことが出来る、ということをお伝えしました。
機会があれば、また是非参加したいと思います。ありがとうございました。

○去年に続き、今年も参加させていただきました。
去年の生徒たちよりもしっかりと挨拶ができていると思いました。また、大人になってからの方が挨拶は大事になってきますとお伝えしました。
生徒たちに社会人ですかと問いかけても誰も手を挙げませんでしたが、皆さんも社会に生きているなら社会人ですよね、またみんなの今の学校生活は、将来社会へ出るための準備でもあるのです、とお伝えしました。
社会へ出るきっかけが分からない生徒たちへ、今のことも大事なんだとお伝えしました。
ありがとうございました。

◯私は進学校でお話しすることが多く、利府高校の生徒たちはみんな真面目で、大学進学希望の生徒が多かったです。
志望校について質問したときに、私が知らない大学名が出て、知らなかったことについて申し訳なかったと思いました。
生徒たちに利府高校が好きかと尋ねると、誰も手を挙げませんでした。なので、そうじゃないんですよ、利府高校はあなた達でもあるんだということが大事なんですよ、とお伝えしました。
私がよく例えに出すのが、山登りでは地図とコンパスと現在地があって安全に登れます。そのための現在地が皆さんの高校に位置します。また自分の今居る場所が分からないのは、遭難しているのと同じ状況だということです。
楽しい時間を過ごせて良かったです。ありがとうございました。

◯自分の講座を受講した生徒は、男子が多く体育会系だと感じました。
自分の息子が中学3年生なので、自分の子供に話すスタンスでお話ししました。
本を読んでいる生徒があまりいなかったので、色々な本を読むことをお勧めしました。
また、すぐに「無理、できない」などと言わずに、「なぜできないのか」と考えるようにすることをお伝えしました。
生徒たちに質問したとき、時間がかかっても全員答えてくれました。
最近はあまりキャリアセミナーに顔を出せていなかったので、これからはなるべく参加したいと思います。
ありがとうございました。

◯去年と違い、今年の生徒は積極的に質問をくれたり、元気なあいさつをしてくれました。
「仕事のやりがいは何ですか?」「コミュニケーションは大事ですか?」といった質問に対し、逆に生徒にその言葉の意味を聞いてみると、分からないと答えが返ってきました。普段どれだけ意味を分からないまま言葉を使っているか、という点と、これから是非言葉の意味を考えてみてほしいと伝えました。
最後に感想を聞いてみると、みんな自分の言葉ではっきりと答えてくれました。
野球部のマネージャーをしている女の子から、「なぜ今自分はマネージャーという仕事を選んだのか分からない」という悩みを受けたので、始めたときの理由が、この先の将来の仕事を選ぶ理由になるかもしれません、とお伝えしました。
また機会があれば参加したいと思います。ありがとうございました。

◯私は前回お話しさせていただいた時の経験から、内容を少し修正してお話ししました。
私が今までで色々なことや仕事を経験して、その都度の転換期についてお話ししました。
私が息子にいつも言っている、「将来その職業にならなくてもいいから何か目標を持ちなさい。その目標を達成するために得た知識や行いは、どこかで役に立つかもしれないし、無駄になることはありません。」ということを生徒たちにお伝えしました。
社会に参加する意識を持つことで、何をすると迷惑がかかるのかということを考えられるようになり、反社会的行為を行わないようになるのだとお伝えしたところ、生徒たちも感心してくれました。
受講人数が1コマ5名と少なかったですが、楽しかったです。ありがとうございました。


また、学校の先生より

◇色々な講座を見ていて、皆さん楽しそうにお話ししていると思いました。
来年開催することになったら、講座時間を50分確保したいと思います。
皆さんから生徒たちがしっかりしているとお褒めいただきましたが、実は入学当初は挨拶の声が小さいなどと心配されていた学年です。
生徒たちは、新しい視点から話を聞くことができ、新たなヒントを得られたと思います。
本日はありがとうございました。

◇生徒たちは、普段の学校生活で外部の大人とふれあう機会はないので、今回、講師の皆さんから色々な考えを聞くことが出来、生徒たちも新しい気づきがあったと思います。
普段、私達教員から聞いた言葉に対して、違う人からも同じことを聞くと「そうなんだな」と感じたり、逆に違った視点が入ることで新しい発見が得られたりと、本当にいい機会だったと思います。
生徒たちが抱えている悩みなどにアドバイスなどをいただき、いい方向へ変えられたいい機会だったと思います。
本当にありがとうございました。

◇今の一年生は、最初は驚くほどあいさつが出来ておらず、心配されていました。普段の先生たちの指導もあり、今のような挨拶が出来るようになりました。本校の生徒の挨拶は、日本一しっかりしていると思っています。
講座の中で、皆さんそれぞれの失敗談や挫折した時についてお話ししてくださりありがとうございます。
今の子供たちは失敗や挫折をしたくないという気持ちが強く、事前授業で体験談を聞いた生徒からは「失敗してもいいんだ」「お話を聞けてよかった」などの感想がありました。
ワークでそれぞれ意見を出し合っている時に、人によって考えることが違うのだと生徒自身が気づいたように、今日の皆さんのお話を聞いたことで、きっと何かに気づいたと思います。
この先も、生徒たちにたくさんのきっかけを与えて、色々なことを考えさせていきたいと思います。ありがとうございました。


とのご感想を頂き、
宮城県利府高等学校の社会人セミナーが無事に終了いたしました。


講師の皆様、ご協力誠にありがとうございました。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-1435.html

2015/12/17 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 12月2日(水)宮城県利府高等学校「社会人セミナー」レポート

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。