仙台宮城でキャリア教育を手がけるNPOハーベスト/せんだい・みやぎオータムセミナーの公式ブログ 

12月10日(木)宮城県仙台東高等学校「キャリアセミナー」レポート

   ↑  2015/12/21 (月)  カテゴリー: キャリアセミナー
みなさん、こんにちは、こんばんは、おはようございます!
ハーベストの藤澤です。
今回は、12月10日に開催しました
宮城県仙台東高等学校「キャリアセミナー」の様子をレポートいたします!

Xxxx事前レクチャーxxxX
P1270354.jpg
▼校長先生より
「本日のセミナーを生徒は楽しみにしておりました。
生徒が普段接する大人は、親や教員といった状況で、
限られた中でしか関わりを持てないのが現実です。
昔は親戚や地域の方たちに様々な話を聞く機会がありましたが、
今はそういった機会も少なくなってきております。
将来、今の職業の半分がなくなるという一説があるほど、
今の高校生たちは不透明な状況にあります。
本日は現実社会の厳しさ、社会で生きていくことの素晴らしさをお話しいただきたいです。」

▼1学年主任の先生より
「大人を信用できる子供たちに育てたいと思っております。
『大人を頼っていいんだ』『頼るべきなんだ』という気持ちを持たせてあげたいです。
気持ちを持つことで、職場で仕事を覚えることが早くなりますし、
人に頼ることができず、仕事を辞めてしまうことも少なくなると思います。
1年生は学校に馴染むことに一生懸命で、
出席率も非常に高く学校には楽しく通っていると感じております。
今回のキャリアセミナーが1つのきっかけとして、
違う角度から将来について考えることが出来れば良いと思っております。」

とのお話をいただき、講座がスタート!
今回のセミナーは50分×2コマ、1学年を対象に、
27名の社会人講師のみなさんにご協力いただきました!

Xxxx講座の様子xxxX
DSCF6752.jpg
DSCF6775.jpg
P1270280.jpg

Xxxx意見交換会xxxX
講師の皆様よりキャリアセミナーの感想をお話しいただきました。
(一部を抜粋してご紹介させていただきます。)

「私は講座の始めに必ず、今日は何を聞きたいかを生徒さんに聞きます。
他校に比べ仙台東高校の生徒さんは、『部活と勉強の両立について』
『夢はどうやって見つければよいか』といった答えが多く感じました。
無責任かもしれませんが、学校のことは先輩に聞いた方が良いとお伝えしました。
わからないことは周りに聞く、発信するといったことをした方が良いと思います。
1年生のうちから将来を考えている生徒を、とても頼もしく感じました。」

「今年度はキャリアセミナーに何度も参加しております。
私はいつも生徒一人ひとりに自己紹介をしてもらいます。
その時に、簡単に冬休みなどの出来事や予定も話してもらいます。
今年は、偏差値に関係なくどこの学校でも、単語で受け答えをする生徒が多かったのですが、
仙台東高校の生徒は全員が文章で答えてくれました。
質問を聞くと、しっかり質問を準備してきている生徒が多く、
目的を明確に持った生徒が多いと感じました。」

「質問をすると、しっかり答えてくれる生徒が多かったです。
ある生徒が『行きたい大学は決まっているが、
その先何をしたらよいかわからない』と言っていた生徒がいました。
決めないことが悪いことのように思ってしまっていることが、かわいそうに感じました。
まだ高校1年生ですし、やりたいことが決まってなくてもいいということは、
その生徒にアドバイスしました。」

Xxxx先生方よりxxxX

▼校長先生より
「本日は前職で、関わりのあった講師の方もいらっしゃいました。
その講師の方にキャリアセミナーのお話をきいたことが、
私が今、教育界に身を投じたきっかけでもあります。
見えなかったことを見えるようにする、
考えられなかったことを考えられるようにするということが、今回の目的です。
おとなしい生徒たちですが、聞く姿勢はしっかり持っている生徒たちです。
今後も生徒たちのためにご協力いただければと思います。」

▼進路指導部長の先生より
「生徒たちは素直ですが、裏を返せば受け身であるということです。
受け身のままでは、変化が激しい時代で苦労してしまいます。
離職、転職が当たり前の世の中だからこそ、
社会の変化にどう対応するかが求められます。
キャリアセミナーのように、いろいろな形で社会に触れる機会を作り、
生徒に刺激を与えることが必要です。
今後も、教員として生徒に刺激を与えられるよう、指導していきます。」

▼1学年主任の先生より
「本校の生徒の特長として、リアクションが少ないところがあります。
反響がないように見え、感想などを書かせると、
とても良いことを書く生徒が多いです。
今回のキャリアセミナーで生徒は何かを掴んだようです。
講師の皆さまに来ていただいている理由の1つとして、
何かの偶然を捕まえてほしいという理由があります。
本日は生徒にとって意外と思うような話もあったかもしれません。
勉強をさせたいから、勉強の話だけすればよいわけではなく、
遠回りをしないといけないこともあります。
むしろ、遠回りをしてでも意義や目的を考えた方が、
良い結果につながると確信しています。」

とのお話をいただき、宮城県仙台東高等学校「キャリアセミナー」が終了しました。
ご参加いただきました講師の皆様、ご協力ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします!
スポンサーサイト

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-1437.html

2015/12/21 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 12月10日(木)宮城県仙台東高等学校「キャリアセミナー」レポート

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback