仙台宮城でキャリア教育を手がけるNPOハーベスト/せんだい・みやぎオータムセミナーの公式ブログ 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

12月16日(水)宮城県水産高校「キャリアセミナー」レポート

   ↑  2015/12/25 (金)  カテゴリー: キャリアセミナー
皆様、おはようございます。
ハーベスト事務局の森田でございます。

12月16日(水)に、宮城県水産高等学校にてキャリアセミナーを開催いたしました。
その時の様子をレポートいたします。

20151216_school.jpg


……‥・事前レクチャー・‥……


校長先生、笠原先生より講師の皆様へのご挨拶を頂戴しました。

20151216_jizen1.jpg
・校長先生
本日はたくさんの方にお越しいただき、本当にありがとうございます。
宮城水産高校は、全国の水産高校の中でも2番目に歴史のある学校で、卒業生も多数地域に送り出しています。
生徒の進路としては、2割が進学、8割が就職という状況ですが、ここ数年は震災の影響もあって就職率が非常に高く、内定率はほぼ100%です。
ただ、先日発表された高校生の離職率の数字を見ると、全国の40%という数字に比べ、宮城県は若干高い42.5%との状況があるようです。特に工業の分野の離職率が高いようで、入りやすかった分、辞めやすくなっているという状況も見てとれます。本校の水産分野においても例外ではなく、学年によっては半数が辞めてしまっているという状況もあり、この離職率の高さは今後の課題として取り組んでいかなければいけないと考えています。
こうした状況を踏まえ、講師のみなさんには「働くこと、仕事に就くことの意味や意義」に加え、「辞めることのリスク」についてもぜひ触れていただければと思います。
本日はよろしくお願いいたします。

・笠原先生
今年の一年生は、落ち着いて授業に参加している生徒たちです。
進路につきましては、将来やりたいことや分野が決まっている、目標を持った生徒が多いです。
ですが、先がまだ見えていない生徒も少なからずいます。
今日は、どういった仕事があるのか、どのような分野に貢献しているのか等を講師の皆さんから聞き、今後の進路選択に役立ててほしいと思っています。
本日はよろしくお願いいたします。

その後、生徒たちの案内にて講師の皆様に移動していただき、講座が始まりました。

今回は50分×2コマでの開催で、対象は1年生。
13名の講師の方々にご協力いただきました。


20151216_01.jpg
20151216_02(2).jpg
20151216_03.jpg
20151216_04.jpg
20151216_05.jpg
20151216_06.jpg
20151216_07.jpg
20151216_08.jpg
20151216_09(2).jpg
20151216_10.jpg
20151216_11.jpg
20151216_12.jpg
20151216_13.jpg



-=意見交換会=-


講師の皆様、学校の先生方より今回のキャリアセミナーのご感想をお話しいただきました。
(一部を抜粋してご紹介させていただきます。)


○私は以前、水産高校で教員をしており、3年ぶりにこの学校を訪れました。
生徒たちはしっかりと私の話を聞き、こちらの質問に対してちゃんと答えを返してくれて、楽しくお話しすることができました。
私は水産高校の卒業生でもあり、生徒たちに部活などの色々な経験が、将来に活きてくるのだとお伝えしました。
私の話を生徒がどのように捉えてくれるのかを期待しています。ありがとうございました。

○自分の仕事についてよりも、自分の経験や高校時代についてお話しさせていただきました。
参加してみて、自分にとっても学ばせていただいた部分が多かったと思いました。
ありがとうございました。

○私は女川高校と水産高校のキャリアセミナーには、ほぼ毎回参加させていただいています。
今回の生徒たちは、以前参加した時より反応が良くなったと感じました。
約1時間お話しする中で、生徒の真っ向なまなざしを感じ、良い緊張感を持ってお話しさせてもらってます。
お話ししながらも、自分も色々と学ばせてもらっている気持ちでいます。
生徒から一番反応をもらえる部分は、自分の失敗談について話している時です。みんな興味を持って聞いてくれて、質問をくれました。
また一番反応が良くない時に、自慢話に聞こえてしまったかもしれないと反省することがあります。話す内容の裏にある、生徒たちが興味を持ってくれる部分をしっかりと伝えられないと、自慢話に聞こえてしまうのだと思いました。
いつも意識していることが、今自分が挑戦していることについて、生徒にどう見てもらえば興味を持ってもらえるのか、ということを考えながら講座を行っております。

○私は以前もキャリアセミナーで講師をしていたのですが、震災後は今回が初講師でした。
ケアマネージャーという仕事は、高校生に伝わりにくいのではないかと思い、3つほど要点に絞ってお話ししました。
生徒たちがなるべく寝ないよう、色々と問いかけながらお話ししました。そのためか、前もってどの話にどのくらい時間を使うか準備していたのですが、時間が足りなくなり、まとめの部分を伝えきれずに講座が終わってしまい悔しいです。
講座内で、実際にせんべいを食べてもらいながら、どのようにお年寄りの方が食べ物を飲み込んでいるのか、またどのような姿勢だとお年寄りの方が飲み込みづらいのか、などを体験してもらった時は、生徒たちの反応が良かったです。
生徒たちの反応も良く、楽しくお話しさせていただきました。ありがとうございました。

◯水産高校は今回が初参加でした。
午後の時間はつい眠たくなってしまうので、音が一定にならないように話す時のトーンやイントネーションを変えたりと、工夫をしてお話ししました。
生徒たちもただ頷くのではなく、能動的にうなずいてくれたり、小さな声でも私の話につっこみをいれてくれたりと、楽しくお話しできました。
お話しする上で人の生き死にの話を避けられず、デリケートな部分だけど大丈夫かなと思いつつお話ししていたのですが、力強くじっと見返して話を聞いてくれた生徒が多くいたので、逃げずにお話しして良かったなと思いました。
生き方に迷った時に、僕の話を思い出してくれたら、お話ししたかいがあるのかなと思います。ありがとうございました。

◯水産高校は今回で2回目の参加で、前回よりも明るい生徒が多いと感じました。
参加する講師の皆さんのプロフィールシートを読む度に、私も是非聞いてみたいといつも思います。
私の講座のテーマは「チャンスをどう生かすか、チャンスがたくさん来る人はこういう人です」という内容で、私の失敗談を含めてお話しさせていただきました。
勉強ができるだけではなく、人としての基本や応用、プロフェッショナルとしての姿勢が非常に大事であるとお伝えしました。
今の人材育成は、昔のように企業が学ばせてくれる訳ではないので、今の人達はどのように生きていくのかが難しい時代だと思います。
生徒たちが、私の生き方から「こういう生き方もあるんだ」ということを感じていただければ幸いです。


また、学校の先生より

◇全ての講座を少しずつ見て回っていたのですが、どの講師のお話も最後まで聞いていたいほどでした。
生徒たちに「5年後、10年後に自分が何をしていたいか想像しながら講座に臨みなさい。」と事前指導で伝えました。
講師の皆さんのお話を聞いて、生徒自身色々と考えることがあったと思います。ただ聞いただけで終わらせず、事後指導をしっかりとして、今後に活かしていきたいと思います。
本日はどうもありがとうございました。

◇本日はお忙しいところ、貴重なお時間をいただきありがとうございました。
「生徒たちからの反応が良い」というお言葉をいただきほっとしています。中には態度がよろしくない生徒もいたかと思いますが、全体的にいい生徒たちばかりです。
講師の皆様のお話が、普段我々教師が授業等で話せない、生き方の根本の部分に直結したお話をしていただけたのではと思います。
今後、彼らがどのような仕事に就いたとしても、本日の講師の皆様のお話を参考にしながら成長していってほしいと思います。
本日はどうもありがとうございました。


とのご感想を頂き、
宮城県水産高等学校のキャリアセミナーが無事に終了いたしました。


講師の皆様、ご協力誠にありがとうございました。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-1440.html

2015/12/25 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 12月16日(水)宮城県水産高校「キャリアセミナー」レポート

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。