仙台宮城でキャリア教育を手がけるNPOハーベスト/せんだい・みやぎオータムセミナーの公式ブログ 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

3月10日(木)尚絅学院高等学校「キャリアセミナー」レポート

   ↑  2016/03/24 (木)  カテゴリー: キャリアセミナー
みなさん、こんにちは、こんばんは、おはようございます!
ハーベストの藤澤です。
今回は、3月10日に開催しました
尚絅学院高等学校「キャリアセミナー」の様子をレポートいたします!

Xxxx事前レクチャーxxxX
P1290153.jpg
▼校長先生
「今の高校生は経験の幅が広くありません。
生徒たちがこれからの人生をつくる上で、
様々なお話を伺いながら幅を広げてほしいと思っております。
本日は様々な職業の方からお話を聴ける貴重な機会です。
生徒が豊かな人生を築くために、皆さまのお力をお貸しいただければ幸いです。」

▼1学年主任の先生
「1学年は「社会を知る」を進路目標としています。
1学年は元気で明るく、お互いに協力体制ができている学年だと感じております。
本日は講師の皆さまの様々な体験談をお話しいただければ幸いです。
生徒にとって、我々教員にとっても有意義な時間になると思います。」

▼進路主任の先生
「今の生徒は『どう生きていくか』ではなく、『何になるか、どういう職業に就くか』
ということをメインに考えて学校生活をおくっています。
『何になるか』を考える上でも、『安定している』
という理由で公務員、教員を選ぶ生徒が多いです。
本日はそういった生徒たちを揺さぶっていただき、
生徒たちの考えを引き出していただきたいと思っております。」

とのお話をいただき、講座がスタート!
今回のセミナーは50分×2コマ、1学年を対象に、
33名の社会人講師のみなさんにご協力いただきました!


Xxxx講座の様子xxxX
DSCN9821.jpg
DSCN9780.jpg
DSCN9789_20160324183218eec.jpg
DSCN9794.jpg
DSCN9808.jpg
DSCN9834.jpg
DSCN9848_201603241832309f8.jpg
DSCN9854.jpg
DSCN9857.jpg
DSCN9828.jpg
DSCN9875.jpg
DSCN9885.jpg
P1290198.jpg
P1290193.jpg
P1290217.jpg
P1290180.jpg
P1290175.jpg
P1290170.jpg
P1290164.jpg
P1290189.jpg
DSCN9868.jpg
DSCN9863.jpg
P1290205.jpg
P1290210.jpg
P1290244.jpg
P1290222.jpg
P1290227.jpg
P1290236.jpg
P1290239.jpg
P1290248.jpg
P1290255.jpg
P1290263.jpg


Xxxx意見交換会xxxX
講師の皆様より「キャリアセミナー」の感想をお話しいただきました。
(一部を抜粋してご紹介させていただきます。)

「看護の仕事についてお話しました。
1コマ目と2コマ目で生徒さんに差があり、話の展開が難しかったです。
興味を持って話を聴いてくれる生徒さんが多く、きつい仕事といわれる中で、
今回のような生徒さんがいることは心強く感じました。
TVドラマで見る印象ではなく、リアルな看護師として現実的な話をしました。
今の時期から職業を知ることは大事だと改めて感じました。」

「私は英語の教師と留学カウンセラーをしています。
講座の初めに『英語に興味はありますか?』とどこの学校でも必ず質問しています。
興味があるから私の講座を選んでくれたのだろうと期待していましたが、
1コマ目の生徒さんはほとんどが『興味ない』『苦手だ』といった反応でした。
反対に2コマ目の生徒さんは皆さん『興味があります』と言ってくれました。
ですが、講座の最後には1コマ目の生徒さんも『聴いてよかった』と言ってくれ、
とてもやりがいのある講座になりました。」

「尚絅学院高校は初めて参加させていただきました。
生徒さんの中には『将来、どんな職業に就こうとも、苦労するだけ無駄』
という悲観的な考え方を持っている生徒さんが数名いました。
高校1年生からこういった考え方を持つことは、良い意味で頭が良く、
情報収集力が高いと感じましたが、悪い情報に引っ張られているといった状況でした。
私は講座の初めに必ず聞く質問があり『仕事はやりがいのあるものなのか、
食べるためだけに我慢してやるものなのか』という質問をします。
他の学校では5対5程度の返答が返ってきますが、尚絅学院の生徒さんは1対9でした。
肯定的な考え方が1割、残りの9割が否定的な考え方でした。
否定的な考え方が駄目というわけではありませんが、
そういった考え方では進路を考えるときにチャンスを逃してしまいます。
本日は生徒さんに、仕事は希望があり、
やりがいのあるものという認識を持ってもらいたいとお話しました。
2コマ目に同じ質問をしたところ、1対9の考え方が逆転しました。
1コマ目の講師の皆さんのお話が、考えるキッカケになったのではないかと感じ、
今回のセミナーに参加してよかったと改めて感じました。
すごく良い生徒さん達で、話しかけると頷いてくれ、反応が良く、
スポンジのように沢山の考え方を吸収できる生徒さんなので、
将来的には魅力的な大人になるのではと感じました。」

Xxxx先生方よりxxxX
▼文系コースの先生
「文系の生徒たちは、のんびり勉強をしている生徒が多いように感じています。
生徒たちは先日まで、探求学習を行っておりました。
探求学習が終わり気が抜けた状態だったかと思います。
早い段階でキャリアセミナーを実施できれば、
生徒たちが質問を用意して参加できたのではないかと感じました。
それでも、普段より活き活きと参加している様子が見れて良かったです。」

▼文理コースの先生
「本日は生徒はもちろん、私自身も勉強になる良い機会でした。
講師の皆さんのお話はどれも啓発的で、生徒の心に響いたのではないかと思います。
リアルな経験をお話しいただいたことがポイントだったのではないかと感じました。
講座の中でそれぞれの生徒の名前を呼び掛けていただいたことが、とてもありがたいことで、
生徒の見る目も変わり、聞き入っていたようです。
文理コースのカリキュラムは、勉強、勉強といった状況で、
その中で今回のような機会は意義があると感じました。」

▼特進コースの先生
「特進コースは、頭を鍛えることがメインの生徒たちですので、
今回の機会は新鮮だったと思います。
目を見て活き活きとお話を聴いていて、生徒にとって有意義な時間のように感じました。
精神的に幼いところがある生徒たちですので、このような機会で成長してほしいのが私の願いです。
1年生から大学について調べていますが、将来やりたいことが決まっていない生徒が多いです。
今回を機に、いろいろなことに関心を持ち、
自分の興味のある分野を見つけてほしいと思いました。」

▼進路主任の先生
「外部の大人と交流する良い機会だったと感じました。
生徒たちは、リアクションはできるが、どうしてもアクションができない様子です。
今回のセミナーでもそういった場面が見られ、良い課題が見つかりました。
働くことに対して悲観的な生徒が多かったということも、
深刻に受け止めなければいけないと思いました。
普段、社会人として接している我々教員や、
保護者の方々も情報に敏感になる必要があると感じました。
こういった機会を通して『良く生きる社会人』に育てていきたいと思います。」

▼1学年主任の先生
「本日はいろいろな職種の方からお話を聴いたことが、
何よりも収穫だったのではないかと思います。
今年の1学年は赤点が1人もいない学年で、30年の教員人生で初めてでした。
勉強はできるが、経験不足といった状況です。
進路について我々教員は『先の仕事が大切だからこの大学なんだよ』といった話をしておりますが、
生徒はどうしても目先の大学しか考えられないようです。
今回、講師の皆さまに刺激を与えていただき、有意義な時間になったのではないかと感じます。」

とのお話をいただき、尚絅学院高等学校「キャリアセミナー」が終了しました。
ご参加いただきました講師の皆様、ご協力ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします!
スポンサーサイト

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-1449.html

2016/03/24 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 3月10日(木)尚絅学院高等学校「キャリアセミナー」レポート

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。