仙台宮城でキャリア教育を手がけるNPOハーベスト/せんだい・みやぎオータムセミナーの公式ブログ 

【取材記事】LindenForest(リンデンフォレスト) 三浦由美子さん

   ↑  2010/09/06 (月)  カテゴリー: 講師取材記事2007-2010
こんにちは。

今回はハーベスト学生スタッフの、わたくし沼田朋美と、田口知世の2人で
三浦由美子さんの取材に行って参りました!!


三浦さんは、人々に「癒し」を与えるためにフラワーエッセンスや
マッサージを仕事にしてらっしゃる方です。

フラワーエッセンスとは、自然癒法のひとつで、心身のバランスを良好に保ってくれます。
今の自分の心の状態にあったエッセンスを飲用することで気持ちが安らぎます。

飲用と言っても全く害のない安全なものですよ。
私達も飲ませていただきました!!

三浦由美子さん写真1
粒上のものと液体のものがあります。


三浦由美子さん写真2
こちらは、三浦さんの手作りで液状のもの。
液体は、飲み物に入れて飲みます。

ブランデーと米酢が入っているので飲みやすかったです。
効果は徐々に現れるそうです。


三浦さんが、これらのものに出会ったきっかけは、ハンディのある子供を授かった事でした。

この事実を知った時には頭が真っ白になり、不安ばかりでうつ病に近い状態だったそうです。

いろんな本を読み、自分の力で何とかしてあげようと必死でした。


そんな不安定な気持ちの中、レイキという手当て癒法やオイルマッサージにたどり着き、

その中での人との出会いや「子供の力を信じなさい」という言葉、子供の目線に立つと

いうことを教えてもらい、まずは自分自身を受け止めるということに気づかされたました。


今では、そんな大変な思いをしているとは思えないほど、前向きで明るく、いつもニコニコしています!!
三浦由美子さん写真3



マイナスはマイナスをひきつけ、プラスはプラスをひきつける。

意識を変えるだけで見える世界が違ってくるということを教えていたただきました!

また、水は環境に応じて固い氷になったり、子供の力でもすぐへこんでしまうような

液体になったり姿を変え、水のように柔軟な心持つという話がとても印象深かったです。


三浦さんの話を聞いて、何か悩みがある時は、つい独りで考え込んでしまうけど、

人は一人では生きていけない。誰かに頼ってもいい!

それらの支えをの中で人は成長していくのだと思いました。



三浦さんは、これらの経験を通して仕事を始め、今後は、ハンディを抱えた方にもできる仕事を

提供したり、職を失ってしまい、周囲からなかなか受け入れてもらえない刑務所の方などにも

仕事を与え地域の人々との交流を目指したいと考えています。


また、少しでも多くの人に「癒し」を与え役に立ちたいと考えているので、

中学生や高校生でも手軽に買える値段で提供したいとおっしゃっていました。

三浦さんは自分自身が悩み苦しんだ体験を通してこの仕事に就き、今度は自分が

その人たちのを救ってあげたいと思う強く前向きな心をもっていて素晴らしい方でした。

私達もパワーをいただきました!!



悩みのあるにとはもちろんですが、この仕事に少しでも興味のある人、何か人のために

役に立つ仕事に就きたいと考えている人、悩みなんてない!という人も自分と向き合う

チャンスなので年齢性別問わずに講座に来てくれると嬉しいです!!



悩みを解決すると聞くとカウンセリングしか思い浮かばない人もいると思いますが、

マッサージやエッセンスでも人の役に立つ仕事があるんだと知ってもらいたいです。

自分では気づいていない自分に出会えるかもしれません。

自然のパワーのすごさを感じてほしいと思います!!
スポンサーサイト

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-619.html

2010/09/06 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【取材記事】LindenForest(リンデンフォレスト) 三浦由美子さん

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback