仙台宮城でキャリア教育を手がけるNPOハーベスト/せんだい・みやぎオータムセミナーの公式ブログ 

【取材記事】東北工業大学 佐藤尚太さん/NTTレンタルエンジニアリング 高橋昌貴さん

   ↑  2010/09/08 (水)  カテゴリー: 講師取材記事2007-2010
佐藤尚太さんと高橋昌貴さんの取材を担当しました、
東北学院大学3年 佐藤竜馬です。

高橋昌貴様、佐藤尚太様_convert_20100908203600
(左側が高橋昌貴さん、右側が佐藤尚太さんです)


尚太さんは地元・仙台とスポーツが好きで、何回も楽天やベガルタの試合の

観戦にいっているそうです。特に仙台に東北楽天ゴールデンイーグルスが

できた時は今までで1番嬉しかったとおっしゃっていました。



また、尚太さんはたくさんの話のネタを持っていて、

取材をしながらいろいろな話を聞かせてもらいました。


そのなかで私が1番印象に残っているのは、シニアの方のために

楽天の試合を観戦するツアーを企画したということです。

しかもただ試合を観戦するだけではなく、応援歌の歌詞カードを作ったり、

グッズを配ったりと、より楽しんでもらえるようにさまざまな工夫を

こらしたというのにはとても感心しました。




さて、講座のタイトルは【軽快に踏み出すための思考学】です。


キーワードは、
「楽天」「ベガルタ」「恋愛」「フリートーク」「マクロ・ミクロ」etc...

講座の内容はその日のお楽しみ!!

引き出しの多い尚太さんはいったいどんな話をしてくれるのでしょうか?

この講座は「大学生活に充実感が足りないと感じている学生」に

ぜひ聞いてほしいとのことです。


《大学生は高校生よりも活動の幅が広がる。それなのに1日1日をただただ過
ごしているようではもったいない!人生はたったの1度きりなんだから・・・何
事にも軽快に踏み出せれば、つまらない日常なんてものはもうこない!!》


尚太さんは様々な経験を通じ、様々な考え方を持っている方だなと思いました。

ただ、どの考えの中にも「踏み出すことの大切さ」と

「地元に対する想い」があったように思います。


大学生活は社会に出るための準備期間だとおっしゃっていましたが、

準備期間にたくさんの経験を積み、勉強しておくことの大切さを

頭においてこれからの大学生活を送りたいと思います。


この講座は、尚太さんと高橋さんのお二方による対話によって進行していく、

他とは違ったスタイルの新鮮かつ斬新な講座です。


より多くの方に講座に参加していただき、刺激を受けていただければいいなと思います。
スポンサーサイト

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-632.html

2010/09/08 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【取材記事】東北工業大学 佐藤尚太さん/NTTレンタルエンジニアリング 高橋昌貴さん

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback