仙台宮城でキャリア教育を手がけるNPOハーベスト/せんだい・みやぎオータムセミナーの公式ブログ 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

【取材記事】ゆにふりみやぎ 伊藤 清市 さん

   ↑  2010/09/10 (金)  カテゴリー: 講師取材記事2007-2010
こんにちは。オータムセミナースタッフの青木勇祐です。
今回、酒井さんと一緒に講師のお一人である伊藤 清市さんの取材をさせていただきました。
この記事では伊藤さんと、取材させていただいた中から一部を紹介させて頂こうと思います。

CIMG4270_convert_20100916120346.jpg

さて突然ですが、皆さんは「まちづくり」という言葉からどんなイメージをされるでしょうか?

   ・整備された道路
   ・行きたい所へいつでも行ける交通手段の整っている
   ・欲しいものをいつでも買いに行ける

などなど、人によって想像したものがあると思います。
ですが、どれだけの人が障害者の事を考えたまちづくりをイメージされたでしょう?

世の中にある「不便」は、そこに暮らしている人々が「大きく感じる」か「小さく感じる」か
また「大勢で共有する」か「少数で共有するか」の差と仰っていました。
人それぞれにとって「不便」という字は同じでも、意味は違うのかもしれません。
伊藤さんは、それを改善する行動として、不便な所には何度も足を運び・使い・伝えることで
変化させているそうです。

現在の様々な法律や条令も、元をただせば障害者からの声があったから、とも仰られていました。
それを聞いた時、普段の何気ないニュースで聞く話題にも、活動による行動の変化が現れているのだな
と、感じました。
伊藤さんは世の中には色々な人がいて、その誰もが共に生きていけるまちづくりを目指しているそうです。


伊藤さんは、『ゆにふりみやぎ』の代表だけでなく、専門学校講師・社会福祉協議会職員・大学院生など、
様々な顔を持っている方です。前述している『ゆにふりみやぎ』は、
ユニバーサルでバリアフリーな宮城・仙台という意味で、仙台市街・市周辺や駅・空港ターミナルの、
車イスで利用可能な施設やトイレ・アクセスルートを載せたマップ作成や、ホームページによる
情報提供をされています。

また、伊藤さん自らトイレの情報を集めたり、お店等に出向き「感じた事」を伝えているそうです。
トイレに関して、学生時代にもバリアフリーのトイレウォッチングをしていたそうです。
トイレを覗いてる訳じゃないよ。一緒にウォッチングしましょう。笑)と、話してくださいました。


伊藤さんご自身も車イスを使用していらっしゃいますが、現在の活動の動力源は何か?とお聞きしたら、
「日々に楽しいことあるから」だそうです。また、伊藤さんご自身は障害者の代表としてではなく、
一個人として色々な人・他業種(多業種)の方に、知ってもらいたいそうです。


「大変」だけを主張するのではなく、大変だけど「私はこうやってきた」という事を伝えたいと、話してくださった伊藤さん。
大変だけを主張した場合、最初の1,2回は同情をしてもらえるかもしれない。
しかし、それでは周りを変える事はおろか自分自身すら変えられない とも話してくださいました。
その為のキッカケとして、「気づき」を知ってもらいたいのだと感じました。
また、色々なことに関心を持つことは、気づきへの第1歩へ繋がるのだとも話してくださいました。


今後の展望として、観光にも力を入れていきたいそうです。
その理由は、観光には大きく3つ「移動」「遊ぶ」「泊まる」の行動があります。
この3つの行動にバリアフリーの活動を取り入れたいからだそうです。

例として、『仙台市の観光バス「るーぷる仙台」で伊達政宗像を見に行きたいと思っても、
車イスの場合バス停では降りられない』ことなどが挙げられるそうです。
言われてみて「あっ」と気づきましたが、こういう「気づき」を見つけることが、
アンテナを張る事なのだとも教えられました。


伊藤さんとの取材中、笑顔が絶えずとても明るくて朗らかな方でした。
また、ご自身の疑問から気づけたことで『気づきのおすそわけ』ができればいいと仰っていました。

そんな伊藤さんの講座を聞くことで、日常当たり前のように使っている物にも
意識を向け、様々なものに関心を持ち別視点から見ることで、視野が広がり
「気づき」が生み出せるようになるかもしれません。
スポンサーサイト

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-644.html

2010/09/10 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【取材記事】ゆにふりみやぎ 伊藤 清市 さん

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。