仙台宮城でキャリア教育を手がけるNPOハーベスト/せんだい・みやぎオータムセミナーの公式ブログ 

【取材記事】株式会社セント 小岩昇平さん

   ↑  2010/09/14 (火)  カテゴリー: 講師取材記事2007-2010

こんにちは!
オータムセミナースタッフの藤澤ひとみです。

今回、株式会社セントに勤め営業の仕事をしていらっしゃる
小岩昇平さんの取材を行ってきました!

HIMG0050_convert_20100914120306.jpg

みなさんは自分や人に対して常に100点満点を求めようとしていませんか?

完璧を目指したり求めるあまり、ついマイナス面ばかりに

目を向けてしまうという人もいるのではないでしょうか。

そうすると、自分に対しても人に対しても厳しくなり,

楽しい人生を送れなくなってしまうと思います。


しかし、小岩さんはおっしゃっていました。

それは65点でも楽しく幸せな人生が送れるということです。

例えば、3つのうち1つダメだとしても、2つ良ければ、それでいいんだ。

「3分の2goodならOK!」と考えることで、楽しく前向きに生きていけることを知りました。

そのように考えることで気持ちがとても楽になると思います。



そもそも、小岩さん自身そのように考え始めるようになったのは高校生の頃とのこと。

中学生の頃は、周囲を意識し、無理に自分を演じようとしていたそうですが、

男子校に通った高校3年間の間にたくさんの友人と出会って接していくなかで、

完璧でなくてもありのままの自分でいいんだと気付いていったそうです。


そこで、小岩さんの講座では、65点でも十分楽しく生きていける話を聞くことができます!

講座には、ついマイナス面に目を向けてしまいがちな学生、悩みを抱えている社会人の方、

また、とても前向きな小岩さんから元気をもらいたい方に来ていただきたいと思います。



それから、小岩さんは趣味で落語をされている方です!

月に一度、寄席が開かれ、東北弁の落語をされています。

13年前に小岩さんがラジオを聞いていたときのこと、

パーソナリティの方がおもしろおかしく仙台弁で話されていました。

その方の呼びかけに興味を持った小岩さんは、それをきっかけに

自分もやってみようということで東北弁の落語を始めたそうです。


ちなみに、今、若い人のなかでは東北弁というものは、聞き取ることや、

話すことが難しいと思う人が多いのではないかと思います。

そのように失われつつある、言葉の文化の東北弁を、小岩さんは東北弁の落語(東方落語)を

通して、若い人たちに伝えていきたいとおっしゃっていました。


また、夢としてこれから東北弁を日本中に広めて、東北弁を日本共通語にしたい!と明るく話してくれました!

最後になりますが、小岩さんは、人生のうちで辛いときもあるけれど、同様に良いことや楽しいことも必ず

あるし、自分の気持ち次第でプラスの方向にもっていけることができるということをおっしゃっていました。


小岩さんの講座に参加することで前向きに元気になれること間違いなしです!!
スポンサーサイト

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-656.html

2010/09/14 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【取材記事】株式会社セント 小岩昇平さん

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback