仙台宮城でキャリア教育を手がけるNPOハーベスト/せんだい・みやぎオータムセミナーの公式ブログ 

【取材記事】オタクとデザインと時々ボク 堀田将信さん

   ↑  2010/09/24 (金)  カテゴリー: 講師取材記事2007-2010

みなさん、こんにちは。
ハーベストスタッフの大泉尚子です。

今回ご紹介する講師の方は、ライトノベルや漫画のデザインを手がける堀田将信さんです。

堀田将信さん


みなさんは、デザインと聞いてどんな仕事だと思いますか?
ペットボトルのラベルでしょうか?ポスターやチラシを思い出す人も多いかと思います。
実は、日常のどんな所にもデザインは隠れているのです。


堀田さんは、高校生の時から何かを「創る」ということが好きだったそうで、文化祭などで美術の担当もしていたそうです。
大学はデザインができるところを選んだそうですが、最初はデザインについては全く知らなかった・・・そんな大学時代に、一生懸命何かを「創る」ということを学んだと仰っていました。


みなさんは、何かに一生懸命になっていますか?


学生のうちは、なんでも挑戦してみたら良いと思いますよ、と堀田さん。
そこからコミュニケーションがうまれて、自分の出来る限りを尽くして取り組み、自分一人ではなくて誰かと一緒に何かを創る・・・とっても素敵だなと思いました。


今しかできないことでも、今やりたいことでも、やってみたいと思ったら少しでも行動すればそこから新しい出会いが始まるはずです!!


堀田さんは、講座に来てくれた人たちに「こんな人もいるんだな」と思ってもらえれば良いな~と仰っていました。


私は、堀田さんにお会いするまでデザインをする方のイメージは、「一匹狼」でした。
でも、お会いしてお話を伺ってとてもコミュニケーションを大事にしている方だなと感じました。


人には役割がそれぞれあると私は考えています。
役割というのは、人との出会いの中から見つけることができて、自分という存在を形作ることから始まるものなのかもしれません。
堀田さんはもしかしたら、デザインを通して人と出会い、自分という存在を形作っているのかもしれません。

なにかしたいなーと思っている方、デザインに興味がある方、オタクトークしたいなどなど、興味が湧いてきた方はぜひぜひ、堀田さんの講座に足を運んでお話を聞いてみてください!!

明日には何か変わっているかも!!
スポンサーサイト

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-695.html

2010/09/24 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【取材記事】オタクとデザインと時々ボク 堀田将信さん

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback