仙台宮城でキャリア教育を手がけるNPOハーベスト/せんだい・みやぎオータムセミナーの公式ブログ 

【取材記事】特定非営利活動法人ミヤギユースセンター 土佐昭一郎さん

   ↑  2010/09/28 (火)  カテゴリー: 講師取材記事2007-2010
こんにちは!学生スタッフの森谷篤です。
9月14日、土佐昭一郎さんの取材を行ってきました。

土佐さんは以前企業の採用担当をされていたこともあり、就職活動について詳しくお話しして下さいました。

HIMG0001_convert_20100928145057.jpg

就職活動といえば、ほとんどの大学生が経験する大行事でしょう。

私もそうでしたが、就職活動を始めた当時は右も左も分からず、手探りでの活動でした。


土佐さんは、就職活動をする際にポイントを絞って活動することが大切だと仰いました。

「給料、理念、場所」この三つは特に重要なポイントです。

・給料
どんな人でも気になるもの。
給料次第でどんな生活をしていくかも変わってくるでしょう。

・理念
企業理念のことです。
自分がその理念に共感できるか、また、その企業で自分の力が発揮でき成長していけるか。

・場所
働く場所です。
日常生活の一部として働いていくので、その場所で働き続けることができるか、ということです。



また、自分が仕事をしていく中で特に重要なのが人間関係です。

どんな場所でも喜怒哀楽を自然に表現でき、バランス良く感情を表現できることが

理想ですが、職場の上司からのプレッシャーや、周りの口数が少なく言いたいことが

言えない等、上手く喜怒哀楽が表現できないこともあるでしょう。


職場だけでなく、普段の生活で自分の思っていることを言えないと、ストレスが溜まっていきます。

上手く吐き出せる人はいいですが、それも中々思い通りにいかない人もいるでしょう。

社会人になると、職場が日常生活の大部分になるので、

人間関係が上手くいかないと会社に行くことも億劫になるかもしれません。



面接でも、自分の思っていることを素直に伝えるということは

とても大事だと土佐さんは言います。

面接では、どんな人でも自分の良い面を見せたいと思いアピールを沢山すると

思いますが、良い面と悪い面の両方を持っているのが人間です。

素直に自分の思っている事を伝えるということは、両方のことを伝えることだと土佐さんは考えています。



就職活動に悩んでいる4年生の方、

これから就職活動を始める3年生の方、

就職活動でどんなことをしたらいいのか分からないという方。


是非土佐さんのお話を聞いてみて下さい!

とても参考になるお話が聞けると思います。
スポンサーサイト

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-705.html

2010/09/28 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【取材記事】特定非営利活動法人ミヤギユースセンター 土佐昭一郎さん

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback