仙台宮城でキャリア教育を手がけるNPOハーベスト/せんだい・みやぎオータムセミナーの公式ブログ 

【取材記事】「みんなで考えよう!障害者の就職 –アスペルガー症候群者の就職活動記-」 篠原舞さん

   ↑  2010/10/06 (水)  カテゴリー: 講師取材記事2007-2010
こんにちは。
オータムセミナースタッフの大泉尚子です。


今回ご紹介するのは、自分に障がいがあることと向き合いOLさんをしている篠原舞さんです。

篠原舞さん


篠原さんは、大学生の就職活動をしているときに上手くいかず100社受けても内定をもらう事ができなかったそうです。


面接のときにいつも不採用になってしまう・・・どうしてなのかとても悩んだそうです。
それまでにも、「生きづらい」「違和感」といったものを抱えていたそうです。



そんな就活が上手くいかず悩んでいたときに、自分が「障害者」であることを知ったそうです。

その障害は、「アスペルガー症候群」という発達障害の分野に入ります。
最近注目され始めてきた障害ということで、当時は専門のお医者さんもいなかったそうです。
この障害は、大人になってから気がつくケースも多いそうです。

主な症状としては、柔軟な対応が難しく、突発的な判断ができない・相手の言いたい事を考慮できなかったりするそうです。集中力はとてもあり、決められたことはその通りにこなす事ができるそうです。

篠原さん曰く、「不器用」ということでした。
篠原さんの症状はとても軽いものだそうです。



そんな障害が自分にあると聞いたときはとてもショックで、とても辛い時期を過ごしていたそうです。


でも篠原さんは、働く事を諦めませんでした。


「手に職をつけたい」という思いを、篠原さんは持っていました。
それは、生きていく事・自分に自信を持つことだと篠原さんは言っていました。



何かを諦めたり、働く事に疑問がある人、前に進みたい人・・・・など最近悲観的なことを考えてしまうな、という方々に特に聞いてもらいたいなと思いました。


篠原さんに出会う事で、きっと「頑張る力」をもらえます。
それは、篠原さんが話してくれる体験・見ている世界を私たちが一緒に見て、考えることができると思うからです。
けっして挫折や諦めが悪いというわけではなく、そこでなにもかも止まってしまえば何も前に進まないといことを感じてもらいたいです。


ぜひぜひ足を運んでみてください!!
きっと新しい考えが生まれるでしょう。

スポンサーサイト

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-742.html

2010/10/06 | Comment (1) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment


ありがとう

素敵です!!
私の娘もたぶん未診断ですがアスペルガーです。本人はまだ受け入れられないようです。でも周囲との違和感みたいなものは感じているみたい。親として何もできず、もどかしい思いをしています。
舞さんのひたむきな姿に励まされました。感謝感謝です。

合瀬美香 |  2010/10/06 (水) 11:40 No.16

コメントを投稿する 記事: 【取材記事】「みんなで考えよう!障害者の就職 –アスペルガー症候群者の就職活動記-」 篠原舞さん

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback