仙台宮城でキャリア教育を手がけるNPOハーベスト/せんだい・みやぎオータムセミナーの公式ブログ 

12月22日 宮城県岩出山高校キャリアセミナーレポート

   ↑  2011/12/26 (月)  カテゴリー: キャリアセミナー
こんにちは!ハーベスト事務局です。

12月22日(木)、岩出山高等学校にて今年最後のキャリアセミナーが開催されました。
今回のキャリアセミナーでは2年生を対象に、12名の講師の方々にお話いただきました。

当日は雪の大変な日となってしまいましたが、無事着くことができて良かったです。


20111222_岩出山_0620111222_岩出山_05
20111222_岩出山_0720111222_岩出山_08
20111222_岩出山_0920111222_岩出山_10
20111222_岩出山_1120111222_岩出山_12
20111222_岩出山_0120111222_岩出山_02
20111222_岩出山_0320111222_岩出山_04


講座終了後、
今回参加していただいた講師の方からは

「事前の希望票や質問票から消極的な生徒が多いと感じていたが、反応は意外とよかった。
どうやったら秘書になれる?といった具体的な質問があった。
生徒は仕事の内容とともに、その仕事に就くにはどのようなアプローチが必要なのかを知りたいと思っている」

「岩出山高校の卒業生が介護業界に入っていて、優秀な生徒が多いため、楽しみにしていた。
豊かな感性と介護向きの性格な生徒が多い。
すでに介護職を目指している生徒が多く、その後押しができればと思い講話をした」

「社会に出てからストレスでからだを壊した経験があり、その経験も含めてお話をした。
誰かのせいにするのではなく、状況をどう受け入れるかが大事。
現実的な生徒が多いと感じた。何が大事?と質問をしたところ、お金や食べるものが挙げられた。
一生懸命聞いてくれてよかった」

「やりたいこと、挑戦したいことがあったら、失敗を恐れずに挑戦してほしい、ということを伝えた。
自身が高校生のときに疑問に思っていたこと、知りたかったことも伝えた。
投げかけてもあまり反応がなかった。
抽象的なことよりも具体的な体験や経験の方がよいと感じたため、次回以降工夫をしたい」

とのご感想をいただきました。


また、境野秀登先生からは
「はじめてキャリアセミナーに取り組んでみたがよかった。
これをきっかけに次のステップにつなげたい。」

橋登貴子教頭先生からは
「こんなにも近い距離での講話は初めてだった。
100%じゃなくても、失敗してもまた挑戦すればよい、という話などが印象的。
精神的に弱い生徒も多い、気持ちの面で助けられたのではないかと思う。
これから具体的に進路を決めて行く段階であり、プレッシャーもかかる中で、今回の聞いた話を活かしてもらえるのではないかと思う。」

とのお言葉をいただきました。


今年もご参加いただきました講師の皆さま、ありがとうございました!
来年もどうぞよろしくお願い致します!

スポンサーサイト

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-911.html

2011/12/26 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 12月22日 宮城県岩出山高校キャリアセミナーレポート

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback