仙台宮城でキャリア教育を手がけるNPOハーベスト/せんだい・みやぎオータムセミナーの公式ブログ 

7月6日 一迫商業高等学校キャリアセミナー レポート

   ↑  2012/07/12 (木)  カテゴリー: キャリアセミナー
こんにちは!ハーベスト事務局の武藤です。

7/6(金)、宮城県一迫商業高等学校でキャリアセミナーを開催しました。

学校に到着すると、すぐに先生が講師控室である図書室に案内してくださいました。
講師控室からの風景
<図書室からの風景。緑が濃い季節になりました。>

図書室に入り、まず目に飛び込んできましたのは、こちらの新着本コーナーと読書感想文おススメ書籍です。
新着本コーナー 読書感想文おススメ

そして奥には、先生の推薦文付きの書籍がズラリ!
生徒に本を読んでもらおう!という工夫が随所に凝らされていました。
先生の推薦文付きの書籍がズラリ

もちろん、商業高校ですので職業関連の書籍も充実です。
職業に関する書籍もズラリ

・・・図書室レポートになってしまいましたが、皆様に是非お伝えしたかったのです。ご容赦ください!

さて、集合時間間近になり次々に講師の方がお見えになると、キャリアセミナーご担当で新任の飯坂先生が講師の方お一人おひとりと名刺交換をなさっていました。
事前レクチャー前に先生から名刺交換!
<鈴木ご住職との名刺交換>

事前レクチャーでは、佐藤校長先生、宇都宮先生より次のお話をしていただきました。
【佐藤校長先生】
「生徒は今日を楽しみにしています。それは、学校の先生は社会での実務経験がなく、講師の方は実務経験が豊富だからです。
これから先、社会で生きていくために必要な2つの能力があると私は考えています。1つ目は論理的思考能力、2つ目はコミュニケーション能力です。この2つについて講話の中に少し加えていただけたら幸いです。」

【宇都宮先生】
「社会人講話は今年で4年目を向かえます。毎年、講話を終えてからの生徒の変わり様がすごいです。内向的な生徒が多いので、夢や希望、進路の一助になって頂ければと思います。」

事前レクチャーでも先生方のセミナーへの想いを感じました。


さて、いよいよキャリアセミナーのスタートです!!
今井さん 小野さん
加藤さん 吉川さん
西條さん 佐々木さん
ルミさん ご住職
先崎さん 二階堂さん
八巻さん 牧野さん
伊藤さん 武藤


講座を終え、控室にお戻りになった講師の皆様が、口々に「生徒たちの反応が素晴らしかった」とおっしゃっていました。

それでは、意見交換会でのご感想を紹介させていただきます。
・生徒は素直だった。
・目標や夢を持っている子が多く、話をしていて楽しかった。

・生徒は具体的な夢がある。でも出来ないと思っているので蓋を開ける話をした。
・素晴らしい生徒たちだった。
・生徒個人の能力を先生方に活かしてほしい。

・質問を投げかけたら返してくる。
・明るく楽しくできた。
・質問をしながらだと楽しくできる。
・この学校は良いな、と思った。

・反応がとても良かった。
・(今日、受講した生徒のうち)、各チーム1人ずつ預かって現場を体験させたい、チャンスを与えたい、と思った。

・人数が多く、一方的に話してしまったので、理解できたかどうか質問したところ「なんとなくわかった」と答えてくれた。それでいいのだ。全部わかった、と言われてしまっては・・・。「なんとなく」わかってもらえたら、それで十分。
・子どもたちを乗せる、巻き込む、といった世代を超えたチャレンジを今後もさせて頂きたい。

・反応がにぶかった。
・海外の経験を話した。
・今後、また機会があれば話したい。

・オヤジギャグを連発したらひいていた(笑)
・コミュニケーションの話をした。
・「笑顔が大事だよ、こういう風に話をしていても、笑顔の無い中だと伝える力が弱まる」と話したら、生徒はどんどん笑顔になった。
・楽しかった。
・社会に触れる蓋を開けることができた。

・質問に5秒以内で答える、ということをしてもらった。生徒は全員クリアした。
・とても良かった。

・生徒から「生きる真理をみつけたい」「この仕事はどうですか」という具体的な質問が希望票にあった。
・生きることに前向きな生徒たちだ。

・高校生に一番近い立場で話させてもらった。
・生徒たちの半歩先を話すことで社会への不安を取り除けたような気がする。
・お互いにとって有意義な時間になった。

・打てば響く生徒だった。
・反応が良く、とても楽しい時間を過ごせた。

宇都宮先生からは、
・生徒の感想文を楽しみにしていただきたい。最初の希望票と感想文では大分違うと思う。
・就職をしたいと言っていても具体的に何をすればいいのか生徒はわかっていない。この機会でそのきっかけを貰えたと思う。
・生徒たちが楽しそうだった。私もそういう授業がしたい。
・外部の人が来校すると生徒は大人しくなるのかな、と思ったら反応があったので、生徒の気持ちが外側に向いているのかもしれない。
・引き続き宜しくお願いします。
とのお話がありました。

講師の皆様のおかげ様を持ちまして、生徒たちは有意義かつ将来への扉を開けるきっかけを得たのではないでしょうか。
お忙しい中、また、早朝からキャリアセミナーへご参加くださり誠にありがとうござました!
引き続き、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

最後に、図書委員の生徒が作成した掲示をご紹介します。
生徒自作のWelcomうさぎさん
<Welcomeうさぎさん。可愛いです。>









ナウシカ!
<風の谷のナウシカもありました>
スポンサーサイト

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-963.html

2012/07/12 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 7月6日 一迫商業高等学校キャリアセミナー レポート

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback