仙台宮城でキャリア教育を手がけるNPOハーベスト/せんだい・みやぎオータムセミナーの公式ブログ 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

7月23日 宮城県泉松陵高等学校キャリアセミナーレポート

   ↑  2012/08/01 (水)  カテゴリー: キャリアセミナー
こんにちは!ハーベスト事務局の阿部です。

7月23日(月)
宮城県泉松陵高等学校にて、2年生を対象に「大学生と語る会」(キャリアセミナー)を開催しました。

泉松陵_01


講師をしてくださる大学生の皆さんと共に、乗合いの貸切りバスで泉松陵高等学校に向け出発しました。講師の方、お一人ずつに自己紹介などをしていただき、バスの中は盛り上がりました。途中曇っていた天気も講師の皆さんの熱意のお陰で回復し、晴天の中開催することができました。

泉松陵_02


13:00より講師の方がお集りになった会議室で、学校の先生方からご挨拶をいただきました。

泉松陵_03
 
校長先生より
「皆さんの情熱で梅雨空から晴れ上がりました。
本校の生徒は素直で明るく、部活動の活発な進学校です。
上級生、下級生も仲良く、文化祭なども大変盛り上がりました。
32年と新しい学校ではありますが、職員一同がんばっています。
教職員も情熱があり使命感に燃え、全校生徒829名、1人ひとりの特色を輝かせるように指導を行っております。
熱意とフレッシュな感覚の講話は生徒の魂を揺さぶることと信じています。
講師のみなさんも教師になったつもりで講話をしていただきたいと思います。
これまで、支援をしていただきましたハーベスト様にお礼を申し上げます。」


 
進路指導
阿部先生より
「1年生の12月にイベントで出前授業を行ってもらっています。6月には科目選択のガイダンスを行っています。
この会の位置づけとしまして、科目選択と同時に3年生になった時に進んで行く方向を決める助けになれば良いです。
本校は中だるみが結構激しいので、大学生活とは何か、これからどう勉強していけばよいかを話して欲しいです。
その際、自身の話だけでなく、友人などの話も交えつつ話して欲しいです。
本校の生徒は表現力トレーニングを行っており発言力はありますので、質問はしてくれると思います。
そういったこと(質問内容)から話を広げていって欲しいです。
アドバイスとして、緊張した顔で話をされますと生徒の方も緊張しますので、笑顔で講話を行って欲しいです。」


ご挨拶をいただいた後は、各教室に移動していただき、いよいよ1講座目のスタートです!

泉松陵_04泉松陵_05
泉松陵_06泉松陵_07
泉松陵_08泉松陵_09
泉松陵_10泉松陵_11
泉松陵_12泉松陵_13
泉松陵_14泉松陵_15
泉松陵_16泉松陵_17
泉松陵_18泉松陵_19
泉松陵_20泉松陵_21
泉松陵_22泉松陵_23


60分×2コマの講座のあとは、会議室にて学校の先生方からご挨拶をいただきました。

泉松陵_24


教頭先生より
「本日は暑い中ありがとうございました。
熱い講師の方のおかげで天気も晴れましたね。
生徒に話が伝わったかどうかは後のアンケート(感想文)でわかると思います。
私も授業をやっているとわかるのですが、自分ができたと思った時は生徒が内容を分かっていなかったり、自分がいまいちだったと感じた時に伝わっていたりします。
流れるように話すことが全て良いわけではありません。
生徒に伝えたいという思いで話すと伝わるのではないかと思います。
自分達の進路がまだ決まっていないということもあれば生徒達に伝えて欲しいです。
本当に今日はありがとうございました。」

担任の先生より
「人前で話すのはなかなか難しいです。
生徒は毎年変わるし、生徒の情報も変わるので、私たちも臨機応変な対応が必要になってきます。
慣れたと感じても、生徒になかなか伝わらないこともあります。
これから就職活動などもあると思いますので、自分の気持ちをいかに相手に伝えるかということを鍛えていって欲しいです。
うちの学校は比較的言うことを聞く生徒が集まっています。
今は授業中に教室から出ていく生徒もいます。
今回できついと感じた方は別の学校に行った時大変かもしれません。
本日はありがとうございました。」

帰りのバスの中で、講師をしていただいた皆様からご感想をいただきました。
一部抜粋してご紹介いたします。


「2コマ目より1コマ目の方が反応が良かったです。
1コマ目は進路先が決まっている人がいました。
ただ、伝えると伝わるということは違うと感じました。
高校生に伝わるような話がしたいです。
自分の経験から話をすることの難しさを身をもって体感しました。要所を押さえて話そうと思っていたのですが、その通りにこなすのが難しく、臨機応変な対応がより求められました。“伝える”と“伝わる”は大違い。 
(希望調査票で)事前に生徒がなぜ(自分の講座を)受けようと思ったのか知ることができ、良かったです。」

 
「今回で(キャリアセミナーは)3回目でした。
生徒が毎回変わるので、慣れはないと感じました。
対応力と話術を身に付けていきたいです。
高校によって、生徒のカラーがあるものだと、改めて感じました。泉松陵の生徒は、先生も仰る通り、静かな人が多い印象を受けました。学科、研究等の自分の話をどう展開していくのか迷いました。」


「初めてこういった機会があり、話していて自分の話の組み立て方が薄かったと思いました。
色々な反省点が見つかりました。
また挑戦したいです。
なかなか難しいなというのが素直な感想です。あんな感じで逆に生徒のみなさんに申し訳ないなという気持ちもありますが、自分の伝えたいことは話すことができたので良い経験になりました。
ありがとうございました。」


「1回目(1コマ目)は真面目な子がいて話を聞いてくれました。
2回目(2コマ目)はやんちゃな子が席の端と端にいて大変でしたが面白かったです。
やんちゃな子が話してくれて、面白い返しをすると全体をまとめてくれました。
またやらせてもらえたら嬉しいです。
手強い子もいましたが、みんな素直に話を聞いてくれて良かったです。当初予定していた方向ではない方にも話は飛びましたが、それはそれで面白い話ができたと思います。
生徒の授業後のアンケート(感想文)が見たいです。」


「今回で2回目(のキャリアセミナー)です。
泉松陵のことを調べて、友達から専門学校の話を聞き話したら反応が良かったです。
『県外の大学に行きたくなった。』と言ってくれた生徒がいました。
質問してくれて、お喋り会になりました。
生徒さん達がキラキラして、頷きながら聞いてくれてすごく嬉しかったです。真面目な講座じゃなかったけど、『すごく楽しかった!』と言ってくれたので力になれた気がして嬉しいです。」


「ノリの良い子は引き込めましたが、ノリについて来れない子に対してフォローが必要だと感じました。
面白かったという生徒さんがいたが、『面白い』が為になるのかということが気になりました。
得るものがあって帰ってくれたら良かったと思います。
自分のライフワークにしたいことをちゃんと実行できる場をいただけて幸甚です。」

その他にも講師をしていただいた皆様から多くのご感想をいただきました。ありがとうございました!!

その後もバスの中では、講師の方々が参加しているサークルやイベント、NPO団体の紹介で盛り上がりながら、16:30頃に仙台に着き解散となりました。
ご参加していただきました講師の皆様、大変暑い中ありがとうございました!

今後もキャリアセミナーの開催を予定しております。詳細はこちらをご覧下さい。
引き続き講師募集をしておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-970.html

2012/08/01 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 7月23日 宮城県泉松陵高等学校キャリアセミナーレポート

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。