仙台宮城でキャリア教育を手がけるNPOハーベスト/せんだい・みやぎオータムセミナーの公式ブログ 

このページの記事目次 (新しい記事より順に表示)

total 244 pages  次のページ →  

2017年9月開催のキャリアセミナー報告【後半】

   ↑  2017/11/07 (火)  カテゴリー: キャリアセミナー
皆さま、こんにちは(=゚ω゚)ノ
NPO法人ハーベスト事務局です。

さて今回は、2017年9月後半に開催しましたキャリアセミナーから
亘理町立吉田中学校・石巻北高校・亘理中学校の
3校の開催報告をいたします。

9月15日(金)吉田中学校

吉田中写真①

吉田中写真②

吉田中写真③

【生徒の感想】
吉田中good①

吉田中good②

吉田中good③


9月22日(金)石巻北高校

石巻北高校ブログ用①

石巻北高校ブログ用②

石巻北高校ブログ用③

【生徒の感想】

石巻北good1①

石巻北高校good②

石巻北高校gooed③


9月25日(月)亘理中学校

亘理中ブログ用①

亘理中ブログ用②

亘理中ブログ用③

【生徒の感想】

亘理中good
亘理中good②

亘理中good③


≪講師から≫

・真剣に聴いてくれて、ありがたかった。

・今のままの素直さを持ちながら、しっかりと自分の考えを持っていってほしい。

≪先生方から≫

・貴重なお話を、ありがとうございました。

・今の子供たちは、親戚付き合いもあまりなく、大人の話を聴く機会が極端に少ない。
 今回の体験は貴重なものだと思う。


9月後半も講師の皆様のご協力のおかげで、

多くの中高校生たちに触発を起こすことができました。

皆様、ありがとうございました。

今後とも何卒よろしくお願い致します。
スポンサーサイト

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-1517.html

2017/11/07 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

2017年9月開催のキャリアセミナー報告【前半】

   ↑  2017/11/07 (火)  カテゴリー: キャリアセミナー
皆さま、こんにちは(=゚ω゚)ノ
NPO法人ハーベスト事務局です。

さて今回は、2017年9月に開催しましたキャリアセミナーから
泉館山高校・名取高校・宮城広瀬高校の
3校の開催報告をいたします。

9月1日(金)泉館山高校 

館山写真①

館山写真②

館山写真③

【生徒の感想】

館山good①

館山good②

館山good③




9月7日(木)名取高校

名取写真② 

名取写真③

名取写真①


【生徒の感想】
名取good①

名取good②

名取good③



9月14日(金)宮城広瀬高校

広瀬高校ブログ用①

広瀬高校ブログ用②

広瀬高校ブログ用③

【生徒の感想】

広瀬高校good①

広瀬高校good②

広瀬高校good③



≪講師から≫

・貴重な体験をさせて頂いた。一方通行になっていないか、自問自答しながら進めた。

・意外と生徒さんは将来の事を考えている事が分かった。

・人に話しているが、自分に向けて話している感覚だった。皆さん、しっかり聴いてくれて
 嬉しかった。

≪先生方から≫

・講師の皆さんが工夫していて、生徒達が惹きつけられていた。

・お忙しい中、時間を創ってお越し頂けてありがたい。

・今日のお話をきっかけに生徒達が将来に向けて動きだしてもらえるよう、
 我々も出来る限りサポートしていきたい。


9月前半も多くの講師の皆様のご協力のおかげで、

中高校生たちに多くの種まきができました。

皆様、ありがとうございました。

今後とも何卒よろしくお願い致します。

FC2スレッドテーマ : キャリア教育 (ジャンル : 学校・教育

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-1516.html

2017/11/07 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

9/16(土) 岸英光氏講演会 おかげ様で盛況のうちに終了いたしました。

   ↑  2017/09/13 (水)  カテゴリー: ハーベスト活動報告
皆様、いつもお世話になっております。
NPO法人ハーベスト事務局です。

9月16日にエルパーク・セミナーホールで 
パラダイムシフトコミュニケーションの第一人者 
岸英光エグゼクティブ・コーチをお迎えした
コミュニケーションセンスを学ぶ講座が
開催されました。

今回のテーマは

「人は○○に気づくと、生きる時間がシフトする!!」
―チャレンジングに生きる輝きと、力を引き出し活かし合う喜びに向けてー

でした。

IMG_2494.jpg


写真は当日の講座の様子です。



岸講師の講座の後は、ハーベスト代表理事山崎との対談がありました。

P1340704.jpg

このコーナーでは、インテンショナル・メッセージに関して、

より具体的なエピソードが語られ、参加者の皆さんが大きくうなずく姿が見られました。



皆様の感想から、一部をご紹介いたします。

・インテンショナル・メッセージ・・・
 本当の意味で身に付けられれば生活が変わっていくと思います。
 新し出逢いを頂き、ありがとうございました。
 
                     団体職員 K・Hさん


・最初、マシンガン・トークに驚きましたが、元気を頂きました。伝えたい事について、
 自分で深堀りすることで、それだけパワーになるという言葉に感銘を受けました。

                    地域活動中の主婦 S・Nさん 


・会社では、具体的なビジョンも話さずに、ただ仕事をやらせていたから上手くいかなかったのかも。
 職場の人のバイタリティ・サイクルが回るようにインテンショナル・メッセージを使っていきたいです。

                    会社員 S・Aさん


・子育てで、まさに今困っている事の解決策が見つかりました。

                     主婦 I・Yさん



・今取り組んでいる事や、会社での部下に対して、またはプレゼンなどに
 IMやバイタリティのサイクルを意識して取り入れたい。
   
                    会社員 S・Tさん



この他にも、沢山の発見があった・また聴いてみたい・・・などの多くの感想が寄せられました。

   岸英光講師が講師を務めるコミュニケーション・トレーニング・ネットワーク仙台の
   ホームページはこちらです。


ご参加頂いた皆様、

関心をお寄せいただいた皆様、

本当にありがとうございました。








(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-1515.html

2017/09/13 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

7月19日(水)名取北高校アクティブセミナーのご報告

   ↑  2017/09/06 (水)  カテゴリー: キャリアセミナー
いつもブログを読んでいただき、有難うございます。
日中は陽がさして暖かくても、夕方になるとぐっと気温が下がり秋を感じます。
風邪などひかないように、皆様もお気をつけ下さいね。

本日は、7月19日(水)に行われた名取北高等学校のアクティブセミナーのご報告をさせていただきます。
この日はまだまだ日差しも強く、扇風機を回しても汗が出るような中でのキャリアセミナーでした。
毎年名取北高校は50分を3コマということで、講師の方も体力勝負となりますが、37名の講師の方々にご参加いただきました。

事前レクチャーの中では、教頭先生より「昔は色んな大人が声をかけ、子供たちにアドバイスをしていたが、現在は子供をじっと見ていただけで不審者情報で通報される時代。このような公認の場で大人の世界観を見せていただいたり、サンプルとなっていただき子供たちの目が開く機会になって欲しい」というお言葉をいただきました。

【講座の様子はこちらです。】

名取北写真1

名取北写真2

名取北写真3


【講座後の生徒さん達の感想はこちらです。】

名取北Good①-2

名取北Good②-2

名取北Good③-2


アクティブセミナー終了後の意見交換会では講師の方々から以下のような感想をいただきました。

●自分のやりたい事と、実際の仕事内容が違うのは当たり前。一生同じ仕事をするのは当たり前じゃない・・・というお話しをした。
少し肩の荷が降りてくれればいいなと思ってお話しをしました。

●こういう場があるということは、宮城県は素晴らしい事だと思う。子供たちの将来につながるヒントになればと思い、お話しをさせていただいた。

●遅咲きの名取北高生が、少しでも早咲きにできるように色々な大人が今日は来ているんだよ。頼れる大人がいくらいるかが大事だから、いつでも頼りなさいと伝えました。

学校からは

●名取北高校に限らず、最近は優しい生徒が多いが強さは少ない。色々な大人の話を聞いて強い優しさが持てる人間になって欲しい。
●家に帰ってからじわじわと今日受け止めた事が心に響いてくるのだと思う。
 小学生で震災を経験した子達です。未来をつくっていく力をつけてあげなければならない。それが教育の目的であり、それを実現する機会がこのアクティブセミナーの場であると思っています。

というようなご感想をいただきました。
運営する側としても身の引き締まる思いです。

秋以降もたくさんのキャリアセミナーを実施予定です。気持ちを新たにまた頑張ります。

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-1514.html

2017/09/06 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

9/16(土) 岸英光氏講演会 今年も開催します!!

   ↑  2017/08/31 (木)  カテゴリー: お知らせ
皆様、いつもありがとうございます。
NPO法人ハーベスト事務局です。

さて、ハーベストでは、大好評だった昨年に引き続き、
パラダイムシフトコミュニケーションの第一人者 
岸英光エグゼクティブ・コーチをお迎えし、

コミュニケーションセンスを学ぶ講座を開催いたします。

2016年岸さんイベント

写真は2016年9月18日の講座の様子です。


今回のテーマは

「人は○○に気づくと、生きる時間がシフトする!!」
―チャレンジングに生きる輝きと、力を引き出し活かし合う喜びに向けてー

開催日 9月16日 (土)

会 場  エルパーク仙台 セミナーホール

(141ビル/仙台三越定禅寺通り館5階)

〒980-8555 宮城県仙台市 青葉区一番町4丁目 11-1 

仙台市営地下鉄南北線 勾当台駅下車

定 員 100名

(昨年度は90席が満席でしたので今年度は100席に増席しました!!)

参加費 社会人 3,000円 

大学生・高校生・専門学校生 2,000円 


※当日受付にてお支払い下さい。

開 場 12:30

開 会 13:00 

基調講演「人は○○に気づくと、生きる時間がシフトする!!」


(テーマ:バイタリティサイクルとインテンショナルメッセージ)

講師:岸 英光 

15:55 クロストーク「人を揺さぶり・うごかす人・言葉は何を伝えているのか?」


岸 英光氏 × NPO法人ハーベスト代表理事 山﨑 賢治        

16:30 閉会

主 催 NPO法人ハーベスト

協 力 コミュニケーショントレーニング仙台

申 込 下記のこちらの申込みフォームから登録してださい。   

*お申し込みは、お早めに。定員になり次第締め切らせて頂きます。






人は人生であることに気付くだけで、それまでの何倍もパワフルに動き出します。


今回は、そのキーワードも含めて、昨年好評を頂いたバイタリティサイクルのお話のおさらいをし、
人から軽やかな行動を引き出す伝え方やあり方など、より深い内容をお届けしていきます。


ハーベストが創り出している出会いの場は、ある意味若者の心に刺激を与え、
自主性などを引き出すトリガーのような役目を果たしています。

しかし、講師の皆さんが発するメッセージがストレートに伝わり、
触発が起きるのには、個人差があるのも事実です。

そのコミュニケーションには何が起きているのでしょう?

人を引き付け、力を引き出せるコミュニケーションには、何があるのでしょうか?


誰かが何かを伝える時、そのコミュニケーションは決して一方通行ではありません。

多くの市民講師が口にする「私も勉強させてもらいました」という言葉は
まさにこのことを指しているのかもしれません。

こんな風に、お互いに触発を受け、力を引き出し合うコミュニケーションを分かりやすく、
お伝えいただきます。

お子さんや部下、生徒、に限らず、介護中の家族、同僚、上司、サークルなどのお仲間、
ご近所さんなどなど、あらゆる人との関係性にも違いが創り出せるチャンスです。



・「指示待ち」の部下や後輩に、もっと自主的に動いてもらいたいのに、
ついつい頭ごなしに言ってしまう上司や経営者の方。


・子供とのコミュニケーションが取れず、どう接していいのかわからずに悩んでいる保護者の方。

・講師業をする中でもっと的確に話を伝えたい、お客様の行動を引き出したい、
とお考えの方。


・講師業・接客業など、お客様に接している方

どなたにもご参加頂けます。

この機会に、人から軽やかな行動を引き出し、あらゆる人が生き甲斐や
自分の存在意義を感じる事ができる「コミュニケーションセンス」を学んで、
あなたのコミュニケーションのを大きく変えてみませんか?


申 込 下記のこちらの申込みフォームから登録してださい。   














FC2スレッドテーマ : 子育て・教育 (ジャンル : 学校・教育

(記事編集) http://autumn2009.blog99.fc2.com/blog-entry-1513.html

2017/08/31 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |